夏野菜の王様トマトの栄養やリコピンは加熱したり水煮缶でも変わらない?

夏野菜のトマトの栄養と効能

夏野菜の王様、トマトは「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるほど、栄養がたっぷりです。

トマトの栄養で代表的なリコピンは、どんな効果・効用があるのでしょう。

また、加熱したりトマト缶でも、リコピンは失われないのでしょうか?

トマトは生で食べるよりも、加熱した方がリコピンの吸収がUPするんですよ。

スポンサーリンク

夏野菜の王様トマトに含まれるリコピンの栄養と効果は?

トマトに含まれる代表的な栄養素は「リコピン」と、良く聞きますよね。

リコピンは、カロテノイドの仲間で、トマトの赤い色の色素なんです。

カロテノイドとは、活性酸素を消す抗酸化力があります。カロテノイドの中でもリコピンは特に抗酸化力が強力です。

そのため、リコピンを多く含むトマトを食べることで、血糖値を下げたり、癌や動脈硬化の予防する効果があるといわれています。

また、美白効果やダイエット効果も期待できます。

トマトの栄養やリコピンは加熱しても変わらない?

夏に美味しいトマトですが、いつもサラダでは、飽きてしまいますよね。

トマトソースやチーズ焼きなど、たまには違う食べ方もしたいと思いますが、トマトを加熱すると、リコピンが失われないのでしょうか?

以外にも、リコピンは、生のトマトより、加熱するほうが、同じ量でも2~3倍も、体に吸収されやすくなるんです。

リコピンは、赤い色素なので、完熟した真っ赤なトマトを、加熱して食べると、沢山のリコピンが摂取できます。

完熟したトマトを加熱すると、甘みが増して更に美味しいですよね。

スポンサーリンク

トマトの栄養は水煮缶でも摂取できる?

トマトの水煮缶は、トマトを加熱したときのように、生で食べるよりも、栄養を吸収しやすくなります。

トマトの水煮缶やトマトジュースなら、旬の時期ではなくても、手軽に食べられるので便利ですよね。

スーパーで生食用のトマトは、丸い形をしていて、ややピンク系の色をしています。水煮缶に使われる加熱用のトマトは、イタリアントマトなどと呼ばれていて、やや細長い形をしています。

この加熱用のトマトは、生食用のトマトに比べ、赤い色が濃くリコピンも多く含まれています。

更に、加熱処理をしているので、リコピンの吸収が良くなっているんですね。

夏に旬のトマトは美味しくて栄養満点

「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われる程、栄養たっぷりのトマトです。

夏の旬の時期に、加熱して、リコピンUP!

料理の工夫で、積極的に食べたい夏野菜ですね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする