れんこんが加熱で黒くなる理由と防ぐ方法!変色しても食べられる?

レンコンが黒く変色する原因

れんこんを炒め物などに入れると、黒く色が変わってしまう場合がありますよね。

黒や紫色に変色してしまったれんこんは、見た目もイマイチでがっかりです。

料理で加熱したレンコンを食べても大丈夫なのか?レンコンが変色してしまう原因や色が変わるのを防ぐ方法について紹介します。

れんこんの色が変わるのがイヤ!という方は、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

れんこんが変色しても食べられる?

れんこんが調理で色が黒くなってしまうと、食べられるのか心配になりますよね。

結論から言うと、加熱や調理過程で変色してしまった場合は食べられます

味や風味も変わらないので、問題なく食べることができますが、保管している間に腐ってしまって変色している場合は食べられませんので注意してくださいね。

腐ってしまったれんこんを色だけで判断はできないと思いますが、柔らかくなっていたり、臭いを発していたりするので、その場合は食べずに処分してくださいね。

れんこんの穴が黒くなっている!というときは、こちらも参考にしてみてくださいね。

れんこんが加熱すると黒くなる理由

なぜ、加熱するとれんこんが、だんだんと黒く変色してしまうのでしょうか?

それは、れんこんのアクに含まれる「ポリフェノール」という成分が空気に触れて酸化することで変色してしまいます

切ったれんこんをそのままにしておくと、だんだんと茶色になっていくのもこのためです。

れんこんは特にアクが多いですから、他の食材に比べても変色しやすいんです。

しかし、原因はそれだけではなく、加熱をした時に紫っぽい黒色になってしまう場合は、ポリフェノールと同じ種類の「タンニン」という成分が鉄と反応している可能性があります。

電子レンジを使用してれんこんを加熱した場合も、タンニンが反応してしまいます。

鉄製のフライパンや包丁なども使用していないか確認してみてください。

また、水道管が古く劣化してしまっていれば、水に浸けるだけで変色してしまう場合もあります。

スポンサーリンク

れんこんを酢水につける時間と濃度

できるかぎりれんこんの変色を防ぐためには、あらかじめれんこんのアク抜きをしておくことが大切です。

アク抜きの方法で最もメジャーなのは「酢水に浸ける」方法です。

れんこんだけではなく、ゴボウなどもアクの強い食材は、この方法でアク抜きすることが多いです。

方法はとても簡単で、切ったれんこんを500mlの水に対して小さじ1杯のお酢をいれたものに浸けるだけ。

時間の目安は5分~10分程度です。あまり長く浸けてしまうと、でんぷん質が水に溶けだしてしまい、れんこんそのもののうまみや食感、栄養分が損なわれてしまうので注意してくださいね。

もし、切ったれんこんをすぐに茹でる場合は、お酢を少し入れて茹でても変色を防ぐことは可能です。

新鮮なれんこんを使用する場合や、煮物などにしてホクホク感を残したい場合は、お酢ではなく水に浸けるだけでもアク抜きをすることができますし、お酢が無い場合はレモン汁で代用することも可能です。

その時どう調理するか、れんこんは新鮮な物かどうかで方法を変えて大丈夫ですよ。

れんこんが黒く変色する場合の対処法

れんこんを炒め物に入れて、黒く変色してしまうとがっかりですよね。

調理間に酢水であく抜きをすると、加熱して変色することを防止することができます。

れんこんには疲労回復や老化防止、美肌効果やがん予防など、嬉しい健康効果もたくさんありますから積極的に取り入れたい食材のひとつです。

見た目から美味しくれんこんをいただくために、ちょっとのひと手間を加えてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする