れんこんは生で冷凍できる?保存期間ときんぴらやお弁当のおかず

蓮根の冷凍の方法紹介

れんこんが少し残ってしまったり、安売りで沢山買っちゃた時、保存方法に困っちゃいますよね。

そのままでは、色が悪くなっちゃったり、腐ってしまいます。

今回は、れんこんの冷凍方法について紹介します。

冷凍したれんこんの保存期間や、冷凍レンコンを料理に使う時のポイントや、お弁当のおかずにする時の、手抜きレシピも紹介しますね。

れんこんが余っちゃった時の、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

れんこんは生で冷凍できる?

れんこんは、生のままでも軽く下茹でしても冷凍ができます。

冷凍する時は、皮をむき料理に使う時の大きさに切っておくと、便利ですよ。

れんこんは、切ると変色してしまうので、切る前にれんこんがつかる程度の水にお酢を小さじ1~2杯入れた酢水を用意して、切ったら酢水にいれて変色を防ぎます。

酢水に2~3分漬けた後に、水分をキッチンペーパーでふき取って、保存袋などに入れて冷凍します。

生のままじゃちょっと心配という場合は、レンジで3~5分くらいチンして冷ましてから冷凍しても大丈夫ですよ。

あまり長くレンジをかけると、冷凍後に調理してサクサク感がなくなるので、レンジをかけ過ぎない方がいいですね。

保存袋に入れて冷凍すると、固まって合体してましう時があります。くっついたままだと、料理に使う時に大変です。

冷凍庫に入れて1~2時間後、まだレンコンが固まりきらない時に、一度保存袋を振って、レンコンがバラバラにしておくと、料理に使う時に便利です。

れんこんを冷凍する時のポイントは、色が悪くならないように、酢水につけて変色を防いでから冷凍することですよ。

スポンサーリンク

レンコンの冷凍の保存期間は冷凍庫でどのくらい?

冷凍庫で保存したれんこんは、約1か月を目安に食べて下さいね。

凍っているれんこんを料理に使う時は、凍ったまま煮物などに入れて使います。

料理に合わせて切ってあるレンコンがあると、ちょっと足りない時に使えて便利ですよね。

れんこんのきんぴらをお弁当のおかずに冷凍するには?

れんこんがちょっと残った時は、きんぴらにして小分けに冷凍しておくと便利です。

100均セリアのお弁当冷凍容器

我が家では、こんな100均グッズで小分け冷凍しています。

凍ったまま、お弁当に入れられるので、夏の保冷材の代わりにもなります。

お弁当に入れるレンコンのきんぴらは、簡単に作りたいですよね。

我が家の手抜きレシピを紹介しますね。

作り方

  1. れんこんを2~3㎜の薄切りにします。
  2. フライパンにごま油、少々を入れて薄切りしたレンコンを入れて炒めます。
  3. 油がまわったら、濃縮そばつゆと水を1:2くらいの割合で入れて、蓋をして蒸し焼きにします。
  4. れんこんに火が通ったら、蓋を外し強火で汁気を飛ばします。
  5. お好みでゴマをかければ出来上がりです。

そばつゆの量は、れんこんの量で調節して下さいね。

我が家の目安は、二人分のお弁当きんぴらで、そばつゆ小さじ1・水小さじ2くらいです。

粗熱をとって小分けに冷凍しておくと、朝のお弁当作りで、ちょっとお野菜が足りない時に便利です。

ちょっと色味が欲しい時は、れんこんと一緒に冷凍のグリーンピースを入れて炒めると、お弁当の緑が少ないなという時にいいですよ。

れんこんの変色を防ぐ工夫は、こちらでも紹介しています。

参考にしてみて下さいね。

さいごに

れんこんって、ちょっと余っても使い道がなくて、腐らせちゃうことってありますよね。

上手に冷凍することで、無駄なく使いきれますよ。

生のまま冷凍しても、お弁当用に調理してから冷凍しても、便利です。

れんこんって、ちょっと使いづらい野菜ですが、無駄なく最後まで美味しく食べたいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする