あさりの砂抜きの塩分濃度や時間は?冷凍したときの保存期間は?

あさりの砂抜き方法

潮干狩りで採ったあさり、砂抜きが上手にできなくて、失敗しちゃった経験はありませんか?

噛んだときの「ジャリ」っとした食感は、嫌なものです。せっかく、家族で採ったあさりですから、美味しく食べたいですよね。

上手なあさりの砂抜き方法と、取りすぎて残ってしまったときの、冷凍方法死んだあさりの見分け方を紹介します。

スポンサーリンク

あさりの上手な砂抜き方法と塩分濃度はどれくらい?

潮干狩りで採ったあさりの砂抜きで、一番いいのは、ペットボトルに海水を入れて持ち帰り、海水で砂抜きをすることなんですよ。

でも、海水を持ち帰るって、なかなか大変です。

海水がないときの砂抜き方法

海水がないときの、砂抜きの方法を、紹介します。

まず、アサリの表面を流水で、軽く洗い流します。

砂抜きに必要な塩分濃度は、海水と同じ3%です。

水300ccに、塩9~10gを入れて溶かします。塩の量の目安としては、普通の塩なら小さじ1.5くらい、自然塩を使う時は、小さじ2くらいになります。

あさりを、底の平らなバットなどに、重ならないように並べます。そこに先ほどの塩水を、あさりが少し出るくらいまで入れます。

砂抜きをしているときに、あさりが水を吐きますので、あさりの上に新聞紙や布巾をかけて、暗いところに置きます。

あさりの砂抜きに必要な時間は?潮抜きの方法は?

潮干狩りで採ったあさりは、一晩ほど暗いところで、砂抜きをします。

あさりが一番活動する気温は、20度前後です。気温があまり高くない時期は、室温で砂抜きした方が、上手に砂抜きができますよ。

しかし、暑い時期は、あさりが痛んでしまうので、冷蔵庫の中で砂抜きするのが安全ですね。でも、冷蔵庫は、温度が低すぎて、完全に砂抜きできないこともあります。

冷蔵庫で砂抜きした時は、調理する前に早めに冷蔵庫から出して、室温に戻してあげると、残っている砂を出してくれますよ。

砂抜きをしたあさりは、表面の汚れを流水で、綺麗に洗ってから調理して下さいね。

あさりの潮抜きとは?

潮干狩りで採ったあさりは、スーパーで買ったあさりと違い、しょっぱいと感じたことはありませんか?

これは、あさりの身に、海水の塩分が残っているからです。

砂抜きをしたあさりは、ざるなどに上げて、1時間ほどおいて、潮抜きをしてあげましょう。この時も、あさりが水を飛ばしますので、新聞紙や布巾をかけておきます。

塩抜きは、1時間程度でできますが、時間に余裕があれば、そのまま2時間程度置いておくと、あさりのうまみ成分(コハク酸)が増えて、更においしくなります。

生のあさりを、お味噌汁に入れる時は、お水から入れて調理して下さいね。

スポンサーリンク

残ったあさりは上手な冷凍方法、保存期間はどれくらい?

潮干狩りで採ったあさりは、砂抜きをしたら、水分をとり、新聞紙などでくるんで、冷蔵庫で保存(できれば野菜室)すれば、次の日でも食べられます。

1~2日で食べきれないときは、砂抜きと潮抜きした時点で、早めに冷凍保存したほうが、鮮度を保つことができますよ。

潮抜きしたあさりの水分を拭き取り、ジップロックなどに入れて、空気を抜き冷凍庫に入れます。

冷凍保存したあさりは、1ヶ月程度を目安に、早めに食べましょうね。

また、冷凍したあさりを調理する時は、解凍せずに凍ったまま短時間で調理すると、美味しく食べられます。

お味噌汁に使う時は、沸騰した中に凍った浅利を入れて、殻が開いたら大丈夫ですよ。

死んだあさりの見分け方

砂抜きしたあさりから、べろのような物(水管)がでたままになっている。これって死んでるの?

もし、採ってきたあさりが、死んでいたら・・・食中毒の原因になるので、食べないようにして下さいね。

砂抜き後に、一つ一つ叩いて鈍い音がすると、死んでいます。でも、大量にあさりがあると、一つ一つ叩くのは大変ですよね。

そんな時は、大きなボールにあさりと水を入れて、勢いよくかき混ぜます。生きているあさりは殻をとじますが、死んでいたり鮮度が悪い物は、殻が閉じません。

生臭い臭いがするものも、食べることが出来ません。

一つでも死んだあさりが混じると、調理しても生臭かったり、砂が混じったりします。調理する前や冷凍前に、確認してみて下さい。

また、調理しても殻が開かないものも、食べないで下さいね。

あさりの水管が出たままの時の判断方法は、こちらで紹介しています。

よかったら、参考にしてみてくださいね。

潮干狩りのあさりを美味しく食べましょう

家族で採ったあさりが、食卓にあがると、お子様も大喜びですよね。

上手に砂抜きして、美味しく食べましょう!

自分で収穫したあさりを、無駄にせずに、美味しく食べることは、最高の食育ですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする