お弁当を前日の作り置きで夏でも痛まない工夫と腐らない方法

腐らないお弁当の作り方

夏のお弁当作りって、お昼までに痛まないか心配ですよね。

朝、早起きして作ればいいんだけど、ご主人の出勤が早かったりすると、朝作るのは大変ですよね。

なるべくなら、夜のうちに作り置き出来ればいいんだけど・・・。

そんなお悩みに、今回は前日の夜に作ったお弁当を、痛ませない工夫や温度管理などについて紹介します。

夏のお弁当作りの、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

お弁当を前日の夜に作り置き夏でも大丈夫?

朝、早起きして、お弁当を作ればいいんだけど、なかなか大変ですよね。

出来れば、前日の夜に作っておいたり、前日のおかずをお弁当に入れたいところです。

夏のお弁当が腐りやすい原因は、温度管理とお弁当の詰め方なんですよ。

食品の一番腐りやすい温度は、30~40℃です。

お弁当を腐らせる菌は、栄養・温度・水分が揃えば、2~3時間で腐ってしまいます。

そこで、一番気をつけないければいけないのが、温度と水分です。

前日の夜に作ったお弁当は、冷蔵庫で保存します。前日に作ったものは、朝に一度、火を通した方が安全ですが、温めて完全に温度が下がるまでには、かなり時間がかかりますよね。

完全に冷めるまで待てない場合は、冷たいまま持って行って、食べる前にレンジで温めたほうが、腐りにくくなります。

また、おかずの水分は、痛む原因になりますので、お弁当に詰める前に、おかずをキッチンペーパーの上に広げて、水分をとった方が痛みにくくなります。

塩分やお酢は、おかずを痛みにくくしますが、味の薄く水分の多い、お浸しや煮浸しなどは、痛みやすいので、お弁当に持っていく時は、別の容器に入れたほうがいいですね。

また、生野菜やフルーツも傷みやすいので、これも別容器に入れたほうが安心です。

スポンサーリンク

お弁当の痛まない工夫

前日に作ったお弁当は、冷たいまま持って行って、食べる前にレンジで温めた方が痛みにくいですが、レンジで温められない時は、困ってしまいますよね。

1度冷蔵庫で冷やしてしまったご飯は、そのままでは、ボソボソして美味しくありません。

レンジで温められない時は、おかずとご飯を別の容器にして、おかずだけ前日作っておいて、ご飯だけ朝にお弁当箱に詰めれば、簡単ですよね。

ご飯を朝に詰める時は、タイマーで炊いたご飯を、起きてすぐにお弁当箱に入れて、冷ましてから、蓋をして下さいね。

時間がないときは、保冷剤やアイスノンの上にご飯を入れたお弁当を置いておくと、早く冷ますことができますよ。

温かいご飯を朝につめる時は、必ずおかずと別の容器に入れてくださいね。

ご飯が傷むのが心配な時は、ご飯を炊く時に、お米二合に対して、お酢を小匙1ほど入れて炊くと、腐りにくくなります。お酢の量は少ないので、酢飯のようにお酢の匂いがすることはありません。

また、ご飯に梅干を入れると良いといいますが、その他にごま塩やゆかり、塩昆布なども塩分が多いので、ご飯を腐りにくくしますのでいいですよね。

我が家では、冷ましたご飯に、刻んだ生姜と大葉と胡麻を混ぜたものが、人気です。生姜や大葉なども、痛みにくくする効果があるので、おすすめですよ。

夏のお弁当の腐らない方法

夏のお弁当を、お昼まで腐らせないためには、お弁当のおかずの水分をとり、冷ますことが大切です。

お弁当が腐りやすい温度は、30~40℃ですが、長時間持ち歩く場合は、15℃以下に保つようにすると、安心です。

お弁当は、保冷バックに入れて、保冷剤の他に、ペットボトルに入れた飲み物を凍らせて入れたり、凍ったおしぼりを一緒に入れておくと、お昼まで冷たい状態を保てます。

暑い日に、お弁当と一緒に冷たいお茶やオシボリがあると、ご主人もきっと喜びますよね。

それでも、ご主人が車の中に、お弁当を置きっ放しにしてしまう場合は、お弁当がお昼まで保冷できているか心配ですよね。

そんな時は、お弁当を入れる保温バックに、凍った飲み物を入れて、ご主人に持たせて、お昼まで、飲み物が冷たい状態か、確認してみてはどうでしょう?

お昼に、飲み物が温まっているようなら、飲み物を2本にするとか、保冷効果の高い保冷バックに入れるなどの工夫をして、お昼まで飲み物が冷たく保てる状態であれば、お弁当を持っていっても安心ですよね。

我が家の夏のお弁当対策、こちらでも紹介しています。

よかったら、見てみてくださいね。

夏のお弁当を朝に作るのが大変!という方は、温度管理とおかずの水分に気をつけて、お弁当を作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする