お弁当箱が開かないときの対処法!蓋を壊さずにすむ簡単な開け方と原因

弁当の蓋が開かないときどうする?

最近は、お弁当を持っていく人も増えていますが、お昼にお弁当を食べようと思ったらお弁当箱の蓋が開かないという経験はありませんか?

パッキンがついているお弁当箱は、中のタレなどがこぼれることもないので便利ですが、使い方を間違えてしまうと、お弁当箱の蓋が開かなくなってしまいます。

お弁当箱の蓋が開かないときの対処法や、開かなくなった原因などを説明します。

蓋が開かなくお弁当箱も、ちょっとした手間で簡単に開けることができるんですよ。

お気に入りのお弁当箱の蓋が開かなくなって、蓋に穴をあけて使えなくなってしまった・・・ということがないように、落ち着いて対処してみてくださいね。

スポンサーリンク

弁当箱が開かないときの開け方

お弁当箱の蓋が開かない場合には、簡単に開ける方法があります。

大き目のボウルなどにお湯を入れてお弁当箱をつけておくと、蓋は簡単に開けることができるんですよ。

お弁当箱をお湯につけておく時間は1分くらいです。

お湯の温度は熱湯ではなく、少し熱いくらいのお湯がおすすめです。

熱湯に入れてしまうとお弁当箱の耐熱温度もあるので、お弁当箱が変形してしまうこともあります。また、熱湯だと取り出すときに火傷の心配もあります。

1分ほどお湯につけても開かない場合は、もう少し長くお湯にお弁当箱を入れておいてくださいね。

お湯が使えない場所では、楊枝などの先が細いものをパッキンの部分に無理やり差し込んで、お弁当箱の中に空気を入れて、お弁当箱の蓋を開ける方法もありますが、パッキンを傷つけてしまうこともありますので注意してくださいね。

弁当箱が開かないときにレンジをかけても大丈夫?

お弁当箱をお湯で温める代わりに、電子レンジを使って温めて開けようとするのは、とても危険です。

耐熱タイプのお弁当箱であっても、電子レンジにかける場合は基本的に蓋を外して温めるのが基本です。

お弁当箱の蓋を閉めたまま電子レンジにかけると、お弁当箱が変形してしまったり、爆発してお弁当の中身が飛び散ってしまうことがあります。

簡単にできるからと、蓋が開かなくなったお弁当箱を電子レンジで温めるのはやめておいてくださいね。

スポンサーリンク

弁当箱が開かない原因

お弁当箱の蓋が開かなくなってしまう原因は、お弁当の中身が熱々の状態で蓋を閉めてしまっているからです。

お弁当箱に熱々のご飯を入れて冷まさずに蓋をしてしまい、お弁当が冷めてくるとお弁当箱の中の気圧が下がってしまい、真空状態になってしまい蓋が開かなくなってしまいます。

時間のない朝にお弁当を作るのは大変ですが、時間がないからといって熱々のご飯を入れてすぐに蓋をしないように注意してくださいね。

パッキンがついているお弁当箱は、熱々のまま蓋をすると開かなくなってしまいます。

お弁当箱の蓋を閉めるときは、中身が冷めているのを確認してから蓋をするようにしてください。

機能性抜群の曲げわっぱのお弁当箱なら、蓋が開かなくなる心配もありません。

こちらから、人気の曲げわっぱのお弁当箱が探せますよ。
↓ ↓ ↓
Check! ⇒ 【楽天市場】曲げわっぱ弁当箱 口コミランキング

お弁当の蓋が開かないときの対処法 まとめ

パッキンの付いているお弁当箱が開かなくなってしまったときは、熱めのお湯につけておくことで蓋が簡単に開きます。

お弁当箱の蓋が開かないままで電子レンジをかけると、お弁当箱が変形してしまったり、中身が飛び散ったりしてしまうことがあるので危険です。

お弁当箱の蓋が開かなくなる原因は、中身が熱々のうちに蓋を閉めてしまったことで、お弁当が冷めて真空状態になってしまったからです。

最近、お弁当を持っていく人も増えていますが、お昼に食べようと思ったら蓋が開かなくて、お昼休みが終わってしまっては大変です。

ゆっくりお弁当を食べるためにも、朝は少し時間に余裕をもって、お弁当箱は中身が冷めてから蓋をしてくださいね。

【おすすめの記事】

お弁当のおかずにもピッタリ!無限ピーマンの作り方も紹介しています。

 無限ピーマンの簡単な作り方とお弁当用に冷凍する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする