グリーンカーテン初心者におすすめの花とプランターの大きさ苗の数

夏の暑い時期、窓辺の緑は、涼しさを演出してくれますよね。

グリーンカーテン(緑のカーテン)と言うと、一般的にゴーヤを思いつきますよね。私も、ずっとゴーヤをベランダに植えて、グリーンカーテンを作っていました。

しかし、私の家族はゴーヤを食べないんですよ。食べないのに、育てても、ちょっと・・・ですよね。

そこで、数年前から、ゴーヤをやめて、お花を植えるようにしました。日差しを遮ってくれるうえに、見た目にも鮮やかで、癒されますよね。

初心者さんでも、育てやすい、グリーンカーテンに向いたお花を紹介します。

スポンサーリンク

グリーンカーテン初心者さんにおすすめは朝顔?

一番育てやすくて、親しみがあるのは、朝顔です。誰でも一度は、育てたことがありますよね。

朝顔の支柱の代わりに、ネットに這わせます。葉っぱが、10枚位になったら、ツルの先を切ってしまいます。

ツルの先を摘んでしまうと、朝顔は脇から芽をどんどん出してきます。新しく出てきた芽は、横に誘導してあげます。そうすると、横にどんどん伸びて、立派なグリーンカーテンになりますよ。

ツルの先を摘んであげないと、上にばっかり伸びて、スカスカのカーテンになってしまうので、忘れずにツルを摘んであげて下さいね。

朝顔なら、お子さんにも育て安いので、一緒に楽しく育てることができますよね。

夏休みに、花が沢山咲いたら、観察日記にして、夏休みの自由研究にするのも、いいですね。

グリーンカーテンにおすすめの育てやすい花

朝顔以外にも、育てやすくて、グリーンカーテンに向いているお花も、紹介します。

ツンベルギア

白・オレンジ・黄・青・紫など、色の種類も豊富です。夏の暑さに強く、10月頃まで花を咲かせます。

ツルの伸びるタイプと、ツルの伸びないタイプがあるので、グリーンカーテンにする時は、ツルのあるタイプを選びます。

アサリナ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

■タネ■アサリナ ミックス0.1ml入り
価格:324円(税込、送料別) (2017/10/15時点)

白・ピンク・黄・紫・青の4cm位の、小さな花を咲かせます。花が小さいので、何色か混ぜて植えると綺麗です。

11月中旬まで、花が咲きます。

マンデビラ(デプラデニア)

白・ピンク・赤の花が、春~秋まで長い期間咲きます。夏の暑さに強く、育て安いのでグリーンカーテンとして、人気があります。

「サンパラソル」とも、呼ばれています。

スポンサーリンク

グリーンカーテンに使うプランターの大きさと苗の数

一般的に売られている、プラスチックの65cm幅のプランターの場合、朝顔の苗なら、3株くらいが育て安いですよ。

プランターは、底にすのこがついていて、外のケースに水の出る穴があるものが、いいですね。

植物は、土が多いほど大きく育つので、プランターの種類があれば、底の深いものを選ぶと失敗が少なくなります。

夏のグリーンカーテンにおしゃれなお花

グリーンカーテンと言うと、ゴーヤをイメージしますが、今年は、かわいいお花で、ワンランク上の、お洒落な窓辺を演出してみませんか?

夏の暑さに強い、グリーンカーテンに向いている、お花を紹介しました。

よかったら、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする