福島県桧原湖で氷上ワカサギ釣り体験情報!手ぶらで行く料金や服装

桧原湖の公魚釣りの楽しみ方

今年の2月に福島県の桧原湖にワカサギ釣りに行きました。

初めての氷上でのワカサギ釣りに子供たちも大興奮です。

桧原湖で冬のワカサギ釣りの様子や料金について詳しく紹介します。

子供連れだと気になるトイレやおすすめの服装など、氷上のワカサギ釣りにチャレンジしてみようかな?という方は、参考にしてみてくださいね。

真冬の桧原湖は、辺りは真っ白で湖は結氷という、非日常な世界が楽しめます。

竿先に出る小さなアタリに無我夢中になって没頭してしまう、独特の世界が待っていました。

スポンサーリンク

桧原湖のワカサギ釣りシーズン 解禁日と氷上の釣り

桧原湖でのワカサギ釣りは11月1日に解禁を迎え、冬を過ぎて春先まで楽しむことができます。

解禁当初は屋形船で湖に出て釣りをするのですが、せっかく桧原湖にワカサギ釣りに行くなら冬がおすすめです。

なぜなら、氷の上でワカサギ釣りが楽しめるからです!

その年の寒さにもよりますが、例年、1月下旬ごろから氷上のワカサギ釣りがスタートします。

氷の厚さは70cmほどあるので、割れる心配はまったくありません。(とはいえ、一部、氷が薄いところもあります。立ち入り禁止の場所には絶対に入らないでください)

ちなみに氷上での釣りですが、ハウスを使用しますので寒さに弱い方でも安心です。

ハウス内はストーブがあり、もし外が吹雪いていても室内はまさに「どこ吹く風」状態。天候に関係なくワカサギ釣りを楽しむことができます。

ゴールドハウス目黒のワカサギ釣り予約と料金システム

わかさぎ釣り小屋

大人気の桧原湖のワカサギ釣りは、週末ともなれば大賑わいで、予約でいっぱいということも珍しくありません。

行く日が決まったら善は急げ。すぐに電話して予約をしましょう。

今回お世話になったゴールドハウス目黒さんでは、初心者向けの体験コースという設定があります。

半日コース(8:00~11:30/12:00~15:30)

  • 大人・・・5,000円
  • 子供・・・3,500円

一日コース(8:00~15:30)

  • 大人・・・6,500円
  • 子供・・・4,300円

この料金にはハウスの使用料、宿からハウスまでの送迎、貸し竿、仕掛け、エサ、そして釣ったワカサギの調理代まで入っています。

もし釣れなかったとしても、お店で食べることができますよ。

氷上のワカサギ釣りの服装とトイレ

わかさぎ釣りハウスの中は暖かい

氷上のワカサギ釣りは、氷上に設置されたハウスの中で楽しめます。

ハウスの中にはストーブがあるので、室内はぽっかぽか。釣りをしている間は厚着の必要はありません。

ただし、宿からハウスまでの移動時は、寒さ対策が必要です。

ダウンジャケットなどの脱ぎ着がしやすい防寒着に、下は多少濡れても平気なカッパなどがおすすめです。

移動はスノーモービルに連結されたソリに乗ります。

移動中は本当に寒いので、しっかり防寒対策をしてください。

足元は長靴がベスト。少し、雪の上を歩くこともあるので、長めのものを推奨します。

なお、トイレはハウスの周辺に設置してありますので、子供連れでも安心です。

スポンサーリンク

ワカサギ釣り専用の仕掛けとエサ

わかさぎ釣りの竿と仕掛け

さて、いよいよ釣りです。

基本的に、お借りする竿に仕掛けがついています。

竿といってもその長さは30cmほどの扁平な穂先で、リールはプラモデルなどのモーターを利用し、電池で動く電動タイプです。

これで仕掛けを底まで沈め、あとはひたすら誘うのみ。

仕掛けについてはワカサギ専用のものを使用します。ゴールドハウス目黒さんでも購入できます。

わかさぎ釣り仕掛け

Check! ⇒ 【楽天市場】わかさぎ釣り仕掛け

糸は細くハリは極小で、絡まったり切れたりしやすいため、いくつか予備を持っていったほうがいいですね。

エサは「サシ」と呼ばれる小さな幼虫です。これを極小のハリにチョンと掛けて、はさみで半分にカットします。そこから出るエキスに寄せられたワカサギが食いつくという流れです。

ですから、仕掛けを上下させたり震わせたりして、ワカサギの興味を惹きましょう。これがワカサギを数多く釣るためのポイントです。

誘ったら一度、動きを止めてワカサギに食いつく間を与えてあげる。竿先に少しでも変化があったら即アワセる(リールを素早く持ち上げる)。これがコツです。

最初は難しいと感じると思います。しかしこの繊細なアタリに一喜一憂できるのが、ワカサギ釣りの最大のおもしろさかもしれませんね。

初めてワカサギ釣りをする方も、体験コースで予約すると、インストラクターさんが親切に指導してくれますよ。コツをしっかり教わりましょう。

桧原湖のワカサギ釣り おすすめの昼食

ゴールドハウス目黒のソースカツ丼

お昼は近くのコンビニで用意していくのもいいですが、ゴールドハウス目黒さんのソースカツ丼もおすすめです。

ボリュームがあって、ソースが染みたカツが美味!! よろしければ、ぜひこちらもお試しください。

ストーブの上にはやかんがあるので、そこで沸かしたお湯を使うこともできます。氷上で食べるアツアツのカップ麺やインスタントコーヒーも格別ですよ!

ゴールドハウス目黒の宿泊

ゴールドハウス目黒さんでは宿泊もできます。

ワカサギ釣りと宿泊がセットのパック料金の設定もあります。

ワカサギ釣り初心者の「わかさぎ体験コース」は、1日ワカサギ釣り+夕食+朝食か昼食のお弁当がついて

  • 平日・・・13,500円
  • 休前日・・・14,300円

1日はワカサギ釣り。もう1日は近くのゲレンデでスキー、なんてプランもいいですね。

ワカサギ釣りの予約や宿泊の予約はコチラ ⇒ ゴールドハウス目黒 ワカサギ釣り

ゴールドハウス目黒以外の宿泊施設をお探しの方は ⇒ 桧原湖周辺の宿 [たびノート]

福島県桧原湖の氷上ワカサギ釣り まとめ

わかさぎ釣り天ぷら

首都圏ではなかなか目にすることがない雪の世界。そして凍った湖の上での釣り。普段、触れることのない異世界に、子供たちは興奮しっぱなしでした。

もちろん、釣ったワカサギは天ぷらで!さすが、桧原湖のワカサギは築地市場で高値で取引されているブランドワカサギだけあって、たいへん美味しかったです。

今年の冬は、桧原湖で氷上のワカサギ釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする