絹さやの保存方法とレンジを使う茹で方で冷凍してもくっつかない方法

彩りに大切絹さやの保存方法

煮物やちらし寿司に使った絹さや、ちょっと残ってしまうことってありませんか?

無駄にせず、上手に保存しておくと、お弁当やお料理の彩りに、重宝しますよね。

残りがちな絹さやを、冷蔵・冷凍の両方で上手に保存する方法をと、冷凍した絹さやの、食感を失わない調理方法を紹介します。

スポンサーリンク

絹さやの保存方法は一週間以内なら冷蔵でOK

ビニールに入れた絹さやは、冷蔵庫で2~3日しか保存できません。

しかし、ちょっと一手間で、冷蔵庫で1週間も保存できるんですよ。

それは、新聞紙を湿らせて、絹さやをつつみ、ビニールに入れて保存する方法です。

これなら、冷蔵庫に入れておいても、1週間は新鮮なままの状態を保てます。

もし、一週間以内に使う予定がない場合は、早めに下処理をして、新鮮なうちに、冷凍保存した方が安心ですね。

絹さやを冷凍するとき茹で方もレンジなら簡単

余ってしまった絹さやは、新鮮なうちに、冷凍保存しておけば、2ヶ月程度は保存できます。

お料理のちょっとした彩に、冷凍保存してある絹さやは、とっても重宝しますよね。

冷凍する絹さやの、お湯で茹でる方法とレンジでチンするポイント、食感を残して上手に解凍する方法を紹介します。

絹さやを冷凍するときのゆで方

多目のお水に一つまみの塩を入れて、沸騰したら、筋をとって下処理をした絹さやを入れます。茹で時間は5~10秒程度です。

お湯から上げたら、すぐに冷水に入れて冷まします。

キッチンペーパーで、水分をとってから冷凍します。

絹さやをレンジで茹でて冷凍する方法

筋をとり下処理した絹さやを、水で軽く洗います。

水分をあまりきらずに、濡れたまま耐熱皿に絹さやを並べ、塩を軽く振り掛けます。

フワッとラップをかけ、600Wで1分30秒レンジをかけます。

レンジから出し、すぐに冷水に入れ、冷めたらキッチンペーパーで、水分をとって冷凍します。

スポンサーリンク

冷凍するときのポイントと調理の方法

生のままの絹さやは、冷凍に向きません。生のまま冷凍して、使う前に加熱すると、へナっとしてしまい、食感が悪くなってしまいます。

茹でて冷凍するときは、硬めに茹でることがポイントです。

調理に使う時も、冷凍した絹さやを過熱すると、食感が悪くなります。煮物やお味噌汁に入れるときは、出来上がり寸前に凍ったままの絹さやを入れて、絹さやが溶けたら火を止めます。

ちらし寿司の彩りなど、加熱せずに使うときは、凍っている絹さやを、流水で解凍すれば、そのまま料理に乗せて、彩りとして使うことができます。

絹さやを冷凍したときくっつかない方法

ジップロックに入れて冷凍した絹さやが、塊になって使えなくなってしまったことは、ありせんか?

そうならないように、絹さやを冷凍するときは、バットに重ならないように並べて、冷凍庫に2時間ほど入れます。

凍った絹さやは、ジップロックに入れて、再度冷凍庫に入れれば、パラパラのままで冷凍することができます。

これなら、ちょっとだけ使いたいときに、塊になってしまって使えないという、心配はありませんよね。

もし、長期保存で乾燥が気になる場合は、ラップで包んでからジップロックに入れておくと、乾燥を防ぐことができます。

保存方法の工夫で絹さやは長持ち

残ってしまった絹さやは、数日で使う時は冷蔵。

すぐに使いきれない時は、新鮮なうちに冷凍と、上手に保存することで、最後まで使いきることができます。

料理の彩りに重宝する「絹さや」、常備してあると便利ですよね。

絹さやの保存方法、よかったら、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする