さつまいもダイエットのやり方と効果がある栄養とGI値の注意

さつまいもダイエットのやり方

以前TVのビューティーコロシアムで話題になった、さつまいもダイエットのやり方を紹介します。

ダイエットの敵と思われがちなさつまいもが、何でダイエットに効果があるのでしょう?

さつまいもが、ダイエットに言いといわれている理由や食べ方、失敗しないための注意点も一緒に紹介しますね。

スポンサーリンク

さつまいもダイエットのやり方

TVで紹介されていた、さつまいもダイエットの方法は、昼か夜のごはん(白米)を、さつまいもに替える、置き換えダイエットです。

1回の食事で、150gのさつまいもをご飯の変わりに食べます。主食以外のおかずは、いつもどおりに食べます。

  • ご飯150g⇒250kcal
  • さつまいも⇒190kcal

ごはんをさつまいもに替えるだけでも、60kcalもカロリーを減らせますよね。

でも、さつまいもダイエットは、カロリーを減らすことが目的ではなんですよ。

さつまいもに含まれるダイエットに効果がある栄養

さつまいもの代表的な栄養は、食物繊維ですよね。これは、便秘解消にも効果があります。

便秘を解消して、腸内が綺麗になると、新陳代謝もよくなります。

また、さつまいもの皮や皮のまわりに含まれている「ヤラピン」にも、便の排出を助ける働きがありますので、さつまいもダイエットをする時は、必ず皮付きのさつまいもを食べることが大切なんですよ。

その他に、むくみを解消する「カリウム」や、美容効果がある「ビタミンC」も含まれています。

その中でも、一番注目することは、さつまいもは白米に比べて腹持ちがいいことです。

食物繊維が多いので、糖分の吸収を抑えて、血糖値を急激に上昇することを抑えてくれるんですよ。

スポンサーリンク

さつまいもダイエットを失敗させないための注意点

ご飯よりも、カロリーが低いさつまいもですが、調理するときに、油や調味料を使わなければ、茹でても焼いても、さつまいものカロリーは変わりません。

しかし、注意しなければいけないのが、GI値なんです。

GI値は、さつまいもの調理方法で変わってしまうんですよ。

GI値が高くなると、血糖値が急激に上昇して、せっかくのダイエット効果も少なくなってしまいます。

高温で短時間で茹でたさつまいもは、GI値が白米の半分くらいしかありません。

ところが、低温でじっくり焼いた焼き芋は、白米よりもGI値が高くなってしまうんです。

これでは、せっかくのダイエット効果もなくなってしまいますよね。

ダイエット効果を期待するなら、さつまいもは高温で短時間に茹でたり蒸した方が、ダイエットにはいいですよ。

また、ご飯の代わりに食べるので、痩せるからと大量に食べれば、カロリーの摂りすぎで逆効果になってしまいますよね。

さつまいもダイエットとは?

さつまいもダイエットは、昼食か夕食の、ご飯の代わりにサツマイモを食べる方法です。

さつまいもだけを食べるのではなく、一緒に食べるおかずも、食べ過ぎないように注意したいですね。

さつまいもをご飯の代わりにして、バランスよい食事をこころがけてください。

TVで、さつまいもダイエットを大成功させた、赤いプルトニウムさんも、さつまいもを食べるだけでなく、運動をしたりお酒を我慢したりと、大変な努力をされていました。

ただ、さつまいもを食べれば痩せると考えるのではなく、バランスの良い食事と運動でダイエットをするときの補助として、さつまいもダイエットを取り入れるのが、ダイエットを成功させるポイントですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする