アカモクのダイエット効果のある成分と摂取量は?食べ過ぎの副作用は?

スーパーフードのアカモク(ぎばさ)が、注目されています。

テレビの「あさイチ」や「たけしの家庭の医学」でも、花粉症やダイエットに効果があると紹介されていました。

今回は、特にダイエットに注目して、ダイエットに効果があると言われている成分や食べる量について紹介します。

参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

アカモクのダイエットに効果がある成分は?

アカモクの代表的な成分は、「フコキサンチン」と「フコイダン」です。

ダイエットに効果があると言われているのは「フコキサンチン」で、これはアカモクに含まれている褐色色素です。

このフコキサンチンが、北海道大学の研究で脂肪の燃焼を助ける働きがあると発見されました。

また、アカモクのネバネバ成分である「アルギン酸」は、優秀な食物繊維で、体内でほとんど消化されず、腸内の宿便や老廃物とともに、余分な脂肪も体外に排出する働きがあります。

アカモクのダイエットに必要な摂取量?

NHKのあさイチでは、乾燥のアカモクでダイエットに必要な摂取量は、1日に約10gと紹介されていました。

脂肪燃焼に効果がある「フコキサンチン」は、体内にとどめておくことができないので、毎日摂取しなければなりません。

納豆のようにご飯にかけて食べる他、お味噌汁に入れたりして食べるのが手軽です。

また、アカモクはクセがないので、どんな料理にも合います。

お好み焼きに入れたり、ハンバーグや餃子の具に入れたり、工夫次第でいろいろアレンジができますね。

とは、言っても毎日同じものを食べ続けるというのは、ちょっと大変です。

なかなかアカモクが手に入らない場合もありますよね。

そんな時は、手軽にアカモクの栄養を摂れるサプリを併用して使うのもいいかもしれません。

↓ ↓ ↓

アマゾンで探す方はこちら ⇒ 【Amazon】アカモク粒

これなら、アカモクを食べられない時でも、手軽にフコキサンチンを摂取できますね。

スポンサーリンク

アカモクの食べ過ぎによる副作用は?

ダイエットに効果があって美味しいなら、アカモクを沢山食べたいところです。

しかし、食物繊維が多いので、食べ過ぎればお腹がゆるくなってしまいます

また、アカモクに限らず海藻類には「ヨウ素」が含まれています。

ヨウ素は、人間が生きるために必要なミネラルです。

しかし、摂り過ぎると甲状腺の病気に繋がるリスクもあります。

ダイエットにいいからと、食べ過ぎないように注意した方がいいですね。

アカモクのダイエット効果

テレビで紹介されて、「アカモク」「ギバサ」が注目されています。

アカモクに含まれている「フコキサンチン」や「食物繊維」は、ダイエットに効果があると人気のスーパーフードです。

ネバネバでおいしいアカモク、毎日の食事に取り入れていきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする