ホンビノス貝の保存方法は冷蔵庫と冷凍保存で何日大丈夫?貝出汁も

ホンビノス貝の保存方法

潮干狩りで沢山採れたホンビノス貝、食べきれない時の保存方法や、冷凍する時のポイント、保存期間を紹介します。

生のままでも冷蔵庫で保存できますが、ちょっとした手間で、美味しい貝出汁も作れます。この出汁は、お吸い物を作る時やパスタの味付けにも、大活躍です。

食べきれないホンビノス貝は、新鮮なうちに保存して、最後まで美味しくいただきましょう。

スポンサーリンク

ホンビノス貝の保存方法と冷蔵庫で何日大丈夫?

ホンビノス貝は、とても生命力が強いので、冷蔵庫でも1週間程生きていますが、なるべく3日以内に食べた方が安全です。

ホンビノス貝を冷蔵庫で保存する方法は、モヤ抜きや潮抜きをした後に、3%の塩水で貝を洗い、貝の表面が塩水で濡れた状態にします。それをビニールなどに入れて、冷蔵庫に入れて、保存します。

保存している間に、ホンビノス貝の表面が乾いているようなら、また塩水で表面を洗って冷蔵庫に入れます。なるべく3日以内に食べるようにしてくださいね。

保存途中で死んでしまったホンビノス貝は、臭い匂いがします。そのままにすると、他の貝に匂いが移りますので、その都度取り除いてくださいね。

ホンビノス貝のモヤ抜きや潮抜きの方法と簡単レシピは、こちらで紹介しています。

よかったら、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ホンビノス貝の冷凍保存の方法

モヤ抜きや潮抜きをしたホンビノス貝を、そのままジップロックに入れて冷凍することができます。

お料理に使う場合は、凍ったまま加熱します。ホンビノス貝が開くまでに、少し時間がかかりますが、よく加熱するとちゃんと開きますよ。

でも、ホンビノス貝って、貝殻がとっても大きくて冷凍庫の中で、ちょっと邪魔になりますよね。

そんな時は、ホンビノス貝を酒蒸しにして、殻から身を外して冷凍します。

上手に冷凍するときのポイントは、殻から外した身を、ジップロックやタッパーに入れて、酒蒸しの時に出た汁を、ヒタヒタに入れておくことなんです。

酒蒸しの時に出た、汁はホンビノス貝の旨味がたっぷり出ているので、美味しい貝出汁になるんです。

1度ホンビノス貝から出てしまった、旨味が汁に浸して冷凍すると、また貝に旨味が吸収されて、美味しい状態で冷凍できるんです。

凍った汁ごとホンビノス貝の身を、お水と一緒にお鍋に入れれば、簡単にお吸い物が作れますよね。パスタに使っても、美味しいですよ。

ホンビノス貝を酒蒸しにすると、結構沢山の汁がでます。ホンビノス貝の身と一緒に冷凍して、残った汁は別に冷凍しておきます。

天然の美味しい貝だしですので、汁だけでも煮物や茶碗蒸しなどに使えます。

冷凍したホンビノス貝や、貝出汁は1ヶ月を目安に、なるべく早く食べてくださいね。

ホンビノス貝の保存

旨味たっぷりのホンビノス貝は、冷蔵庫で3日、冷凍庫で1ヶ月を目安に、早めに食べてくださいね。

ホンビノス貝が新鮮なうちに、ちょっとの手間で、冷凍しても美味しく食べられます。

ホンビノス貝が食べきれない時の、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする