さんまの骨まで柔らかくする圧力鍋の時間は?筒切りの超簡単な方法

サンマのトマト煮込み

秋刀魚の美味しい季節ですよね。

秋刀魚の塩焼きは、最高に美味しいですが、小さいお子さんなど、骨を取るのが苦手で食べないという方もいますよね。

そんな時に大活躍なのが、圧力鍋です。秋刀魚を骨まで柔らかくすれば、子供さんもお年よりも安心して食べられます。

今回は、秋刀魚を骨まで柔らかくして食べる時の、圧力鍋の圧力時間や、超裏技!庖丁を使わずにキッチンバサミだけで、秋刀魚を筒切りにする方法を紹介します。

スポンサーリンク

さんまの骨まで柔らかくして食べたい

さんまを圧力鍋で、骨ごと食べる方法は有名ですよね。

骨ごと食べられれば、小さいお子さんが骨を喉に詰まらせる心配もないし、カルシウムもとれますのでいいですね。

でも、まるのままのサンマを買って来て、捌くのは面倒じゃないですか?

サンマは庖丁を使わなくても、簡単に筒切りに出来るんですよ。この方法を覚えておけば、料理のレパートリーも格段に広がること間違いなしです!

ぜひ、試してみてくださいね。

さんまの骨まで柔らかくするには圧力鍋で何時間くらい?

今回は、サンマを骨ごとトマト煮込みにしてみました。

圧力鍋で、蒸気が出てから約15分。火を止めたら圧力が下がるまで放置して置きます。

これで、骨まで柔らかく食べることができました。

私が使っている圧力鍋は、3.0リットルの小さなタイプです。大きな圧力鍋を使う場合は、少し長めに圧力をかけるといいかと思います。

圧力鍋を使う時は、どうしても水分がなくなって、焦げることが心配ですよね。

焦げないように、圧力がかかったら弱火にすることと、水分を少し多めに入れると失敗がありません。

圧力鍋にもよりますが、目安は圧力10分に対して100ccの水分を入れるといいですよ。

焦げる事が心配な場合は、少し多目に水分を入れて、蓋を空けてから煮汁を煮詰めるようにすると、しっかり味が染み込んで失敗もありませんよね。

さんまの筒切りで骨ごと食べる時の超簡単な捌き方は?

サンマを捌くの面倒という方は、庖丁を使わずにキッチンバサミだけて、サンマを筒切りにすると簡単ですよ。

慣れると、1匹捌くのに1~2分で出来ます。

サンマを圧力鍋で煮込む以外にも、フライパンで焼いたりする時にも使える裏技ですので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

サンマをキッチンバサミで筒切りにする方法

まず、新聞紙の上に、牛乳パックかキッチンペーパーを広げます。

牛乳パックをまな板代わりに使うと、後片付けが簡単で、生臭さも残りませんのでオススメですよ。

サンマ背中がわから、骨が切れるまでキッチンバサミで切ります。

この時、お腹まで切り落とさないように注意して下さいね。

さんまの捌き方

骨が切れたら、そのまま頭を横にゆっくり引っ張り、内臓を引き出します。

サンマの切り方

内臓が途中で切れてしまっても大丈夫です。

さんまの肛門より少し頭寄りの場所を、キッチンバサミで切ります。

さんまのさばきかた

切ったサンマの、お腹の中を流水で良く洗います。

内臓がお腹の中に残っている時は、菜箸などを差し込んで内臓を押し出しながら、洗って下さいね。

あとは、尻尾を切り取って、食べやすい大きさにキッチンバサミで切るだけです。

さんまの筒ぎり

サンマを捌き終わったら、下に敷いた新聞紙に内臓や頭を包んで、ビニール袋に入れます。

魚の下ろし方後始末

匂いが気になる場合は、生ゴミの日まで冷凍庫に入れておくと、匂いが気になりませんよ。

ねっ!簡単でしょ。

庖丁もまな板も使わないので、後始末はキッチンバサミを洗うだけです。

サンマを自分で下ろすのは苦手・・・と言う方は、試してみてはいかがでしょう?

サンマは栄養満点

サンマは栄養満点で、旬の時期にはお値段もリーズナブルです。

沢山食べたいけど、毎回塩焼きでは飽きてしまいますよね。

圧力鍋を使えば、骨まで柔らかくなるので、食べやすいしカルシウムもプラスです。

今回のサンマの筒切りの方法なら、簡単に出来ます。

内臓が苦手でないなら、内臓は抜き取らずに、キッチンバサミで切るだけでも大丈夫ですよ。

内臓の栄養については、こちらで紹介しています ⇒ さんまの塩焼きの内臓は食べる?

好みですが、私は和風に煮る時は、内臓ごと煮てしまいます。

今回は、サンマを圧力鍋で煮る時の、圧力時間や簡単なサンマの筒切りの方法を紹介させて頂きました。

よかったら、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする