赤ちゃんに日焼け止めはいつから必要?選び方のポイントや落とし方

赤ちゃんの紫外線防止対策

日差しの強い季節、赤ちゃんと外出する時の、紫外線って気になりますよね。

紫外線によるリスクを減らすために、赤ちゃんの頃から、紫外線対策が必要です。

紫外線から赤ちゃんを守るための、日焼け止めを塗り始め時期、選び方のポイントを説明しますね。

スポンサーリンク

赤ちゃんに日焼け止めは必要なの?

昔は、赤ちゃんに日光浴をしないと、脚気になると言われて、母子手帳でも日光浴を推奨する項目がありました。

しかし、現代では紫外線が強くなり、赤ちゃんの頃から、紫外線を強く浴びてしまうと、大人になってから、シミや皮膚癌になる可能性が高くなります。

適度な日光浴は骨の発達に必要ですが、外出時はUV加工の衣類を着せたり、日焼け止めを塗るなど、過度に紫外線を、肌に吸収させないための、工夫が必要です。

赤ちゃんに日焼け止めはいつから塗っていいの?

生後3ヶ月未満の赤ちゃんは、肌がとてもデリケートですので、日焼け止めを塗ることはおススメできません。

なるべく紫外線の強い時間の外出をさけ、外出するときは、ベビーカーにUV加工の薄い布をかぶせるなど、直射日光を浴びない工夫をします。

3ヶ月を過ぎてから、肌の露出する部分に日焼け止めのクリームやローションを塗ってあげましょう。

赤ちゃんの日焼け止めの選び方のポイントは?

大人よりデリケートな赤ちゃんの肌。大人と同じ日焼け止めでは、刺激が強すぎます。

赤ちゃんのための、日焼け止めを選ぶポイントをまとめてみました。

赤ちゃんの日焼け止めはノンケミカルの物を選ぶ

日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤(ノンケミカル)があります。

紫外線吸収剤は、防御力が高いぶん、肌への負担も大きくなります。また、化学変化を起こしやすく、デリケートな肌の赤ちゃんには向きません。

紫外線散乱剤(ノンケミカル)の日焼け止めは、化学変化を起こさないので、肌への負担が少なくすみます。

ノンケミカルの物は、化学変化を起こさないので、日焼け止め効果も長く持続して、塗りなおしの回数も少なくすみます。

「紫外線散乱剤」「紫外線吸収剤フリー」「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル処方」などの表示のあるものを選びましょう。

赤ちゃんの日焼け止めはお湯や石鹸で洗い流せる物を選ぶ

日焼け止めは、お湯や石鹸で、簡単に洗い流せる物を選びます。

日焼け止めの成分が、肌に残ってしまうことは、赤ちゃんの肌に負担をかけてしまいます。

「お湯でおちる」「石鹸でおちる」などの、表示があるものを選びましょう。

肌の負担になる成分が入っていない

デリケートな赤ちゃんの肌に、負担になる成分が、入っていないものを選びます。

「無香料」「無着色」「アルコールフリー」「防腐剤フリー」などの、赤ちゃんの肌に負担になる成分が、入っていないものを、選びましょう。

赤ちゃんの日焼け止めおすすめの市販品は?

赤ちゃんに使える日焼け止めでも種類がたくさんあり、どれにするか迷ってしまいます。

楽天やAmazonの人気ランキングの中から、スーパーやドラックストアーで購入できる市販品の日焼け止めを紹介します。

実際に使っている方の口コミも集めましたので、参考にしてみてくださいね。

Check! ⇒ 【楽天】赤ちゃんの日焼け止め 口コミランキング

スポンサーリンク

ママ&キッズ UVライトベール

SPF23 PA++

皮膚科の専門医の協力で作られたスキンケアシリーズなので、敏感肌の赤ちゃんでも安心して使えます。

落とすときは、いつもの石鹸で洗い流せます。

ママ&キッズの日焼け止めを使っている方の口コミは?

  • 乳液タイプなので、サラサラして伸びがよく塗りやすい。ベタつかず嫌な臭いもしないので気に入っています。
  • 4ヶ月の敏感肌の子供用に使っていますが、肌が荒れたりしません。
  • 6ヶ月の娘は日差しの強いスキー場で使用しましたが、日焼けしませんでした。
  • 親子で使っています。使い心地がよく肌への負担も感じません。
  • 量の割にはお値段が高いように思います。石鹸で落とせるので、手軽に使えて便利です。

ママ&キッズのシリーズは人気で、シリーズで使っている方が多いですよね。

パックスベビー UVクリーム

SPF17 PA+

マカデミアナッツ油やカミツレエキス配合で、赤ちゃんの肌の潤いを保ちます。

石鹸で洗い流せます。

パックスベビーの日焼け止めを使っている方の感想は?

  • SPF17ですが、ジェルタイプより効果はありそうです。
  • パックスベビーのスキンケアシリーズは娘の肌にあっていて、敏感肌でもかぶれません。
  • 他の日焼け止めは肌荒れしてしまいましたが、これは大丈夫でした。
  • 丁寧に塗れば白くなりませんが、簡単に塗ると白浮きします。
  • 少し白くなりますが、気になるほどではありません。成分的に安心なので、いつも使っています。
  • 涼しい所で使うとクリームが硬く、伸びがよくありません。塗った後にベタつきがあります。
  • 伸びがよくないので、パックスのクリームに混ぜて使っています。肌荒れがなくよい商品だと思います。

クリームが硬めで白浮きしやすいという方が多いですが、敏感肌の子供でも肌荒れが少ないようですね。

ママはぐ 日やけ止めジェル

SPF25 PA+++

肌になじみやすいジェルタイプの日焼け止めです。

石鹸で洗い流すことができます。

ママはぐの日焼け止めを使っている方の口コミは?

  • クリームタイプと違い、伸ばしやすくてサラッとしています。使いごこちが気に入っています。
  • アルコールが入っていないので子供の顔にも安心して使えます。
  • ポンプ式なので、玄関に置いておいて、お出掛けのときにパパッとぬれて便利です。
  • SPFは高くありませんが、日常生活に使うには十分だと思います。伸びが良く白くならないし肌荒れもしませんでした。肌に優しい日焼け止めだと思います。
  • 子供と一緒に使っています。親子ともども肌トラブルなしで過ごせました。

ポンプタイプなので、玄関において家族で使っているという方も多いようですね。

ジェルタイプなので、伸びもよくサラッとしているという意見が多いです。

ニベアサン プロテクトウォータージェル こども用

SPF28 PA++

うるおい成分のヒアルロン酸と保湿成分のユーカリエキスが配合されています。

石鹸で洗い流せます。

ニベアサンの日焼け止めジェルの口コミは?

  • 乾燥しにくく、簡単に落とせて便利です。
  • 吸収剤が入っていました。
  • 伸びが良くさらっとしていて、べとつきもありません。
  • コスパもよいので、こまめに塗りなおしができます。
  • SPFやPAの性能はそれほどでもありませんが、こまめに塗りなおせるので気に入っています。
  • 伸びがいいので、手や足の広い範囲にも塗りやすい。

吸収剤が入っているという意見がありました。

月齢が低い赤ちゃんよりも子供向けの日焼け止めという感じかもしれませんね。

赤ちゃんの肌を紫外線から守るために

赤ちゃんを紫外線から守るために、紫外線が一番強い、11時から15時までの外出は、なるべく避けるようにします。

外出時は、UV加工の衣類を着せたり、日焼け止めを塗るなどの工夫で、赤ちゃんを紫外線から守ることが大切ですね。

日焼けによる、紫外線のダメージは、赤ちゃんの頃から蓄積されて、シミや皮膚がんの発症リスクを高めていきます。

早い時期から、紫外線対策をすることが、大切ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする