とうもろこし離乳食でいつから?皮はいつまで取る?栄養とアレルギー

赤ちゃんの離乳食にとうもろこしはいつから?

とうもろこしって、消化に悪いイメージがありますよね。

赤ちゃんの離乳食では、とうもろこしは、いつから食べさせていいんでしょう?

離乳食にするときの、時期別のとうもろこしの下ごしらえの方法や、とうもろこしの栄養アレルギーについても、紹介します。

スポンサーリンク

とうもろこしは離乳食でいつから食べていいの?

消化が悪いイメージがあるトウモロコシですが、消化が悪いのはとうもろこしの薄皮の部分なんです。

薄皮を取ってペースト状にすれば、赤ちゃんの離乳食初期から、食べることができます。

自然の甘みがありますので、赤ちゃんの食欲をそそりますよね。

離乳食初期では、消化の悪い薄皮を取り、しっかり裏ごしして、食べさせてあげて下さいね。

離乳食中期になったら、ゆでたとうもろこしの実を、細かく微塵切りにして、食べさせます。

離乳食後期では、粗い微塵切りで食べることが出来ます。

離乳食中期・後期で、食べたとうもろこしの薄皮は、消化されずに便に混じって出てきますが、薄皮は食物繊維の働きをしますので、便に混じっていても心配はありませんよ。

スポンサーリンク

とうもろこしの離乳食で皮はいつまで取る?

離乳食中期から、ゆでたとうもろこしの皮をとらずに、微塵切りして食べさせることが出来ますが、皮の舌触りを嫌がる赤ちゃんには、中期でも裏ごししてあげるといいですね。

とうもろこしを裏ごしする方法は、茹でたとうもろこしの実を、牛乳で伸ばしながら、ブレンダーやミキサーにかけた後、裏ごしをすると、とうもろこしのペーストが作れます。

面倒な時は、クリームコーンの缶詰やとうもろこしのフレークを使うと便利ですよね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

とうもろこしフレーク 70g ow jn
価格:648円(税込、送料別) (2017/8/6時点)

缶詰やフレークを選ぶ時は、砂糖や食塩が入っていない、無添加の物を選んであげて下さいね。

とうもろこしの離乳食の栄養とアレルギー

とうもろこしの主な成分は、炭水化物ですが、胚芽の部分には、エネルギーの代謝に必要なビタミンB1やB2の他に、ビタミンEやカルシウム・マグネシウムなどのミネラル類もバランス良く含んでいる、栄養豊富な食べ物です。

また、体内で作ることができない、必須脂肪酸のリノール酸やオレイン酸も沢山含んでいます。

とうもろこしは、アレルギーが少ない食材と言われていますが、穀類の仲間であるため、穀物アレルギーがある赤ちゃんは、アレルギー出る可能性がありますので、注意が必要ですね。

また、薄皮の部分は食物繊維が多いので、食べ過ぎると便がゆるくなりますので、食べすぎには、注意しましょうね。

まとめ

栄養豊富なとうもろこしは、赤ちゃんの離乳食初期から、食べさせることができます。

生のとうもろこしの旬の期間は短いので、缶詰やフレークなどを利用して、赤ちゃんに食べさせてあげてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする