鍋に入れるしいたけの切り方と飾り切りする理由と簡単な下ごしらえ

生しいたけの飾り切りの方法

お友達を招いての鍋パーティーって楽しいですよね。

鍋って、材料を切って入れるだけだから簡単!と思われてしまいますが、ここで一つ椎茸を格好よく切って、「できる女」をアピールしてみてはいかがでしょう?

簡単に出来る、椎茸の飾り切りの方法を動画で紹介します。意外と間違えている、椎茸の下ごしらえも、こっそり教えちゃいますね。

スポンサーリンク

鍋に入れるしいたけの切り方の動画

お店屋さんで食べる、鍋に入っている椎茸って、ちょっと細工がしてあって、美味しそうですよね。

お家で鍋を作る時も、しいたけを飾り切りにするだけで、ちょっと手が込んでいるように見えますよ。

簡単なので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

椎茸を飾り切りにする時のポイントは、椎茸を持った時に、笠の部分を反らし気味に持つと、切れ目が広がって、切りやすいんですよ。

鍋に入れるしいたけを飾り切りにする理由は?

鍋や煮物に入れるしいたけを飾り切りにするのは、火の通りを良くしたり、切り口から味を染み込みやすくするためなんです。

でも、椎茸って、結構早く火が通るので、鍋に入れる時は、味を染み込みやすくすると言うよりも、見た目がいいってことなんだと思います。

全部の椎茸を飾り切りにするのは大変なら、上に乗せる2~3個だけ飾り切りにして、後は半分に切ったり、厚めにスライスして入れても良いですよね。

スポンサーリンク

鍋に入れるしいたけの下ごしらえは?軸の部分は?

下ごしらえの時に、椎茸を水で洗っていませんか?

椎茸に限らず、きのこ類は、基本的に水で洗わないんですよ。

きのこ類は、水で洗うと風味や味が落ちてしまうんです。

汚れが気になる部分は、キッチンペーパーや固く絞った布巾で、軽く汚れを拭き取ります。

笠の裏のヒダヒダの部分に、ゴミが入っていないか気になる時は、軸を切り落とした後に、手のひらにヒダヒダが下になるように乗せて、反対の手で軽く上から叩くと、ヒダの中のゴミが出てきますよ。

スーパーで売っている椎茸は、栽培されたものが多いので、汚れはあまりついていません。

天然の椎茸などで、どうしても汚れが気になる場合は、流水でサッと洗い流す程度にしてくださいね。

それと、椎茸の軸の部分って、捨てていませんか?

笠の部分を切り取った、椎茸の軸は、下の石づきの所を切り落として、手で縦に切り裂いて、鍋に入れてみて下さい。

コリッとした食感で、美味しいんですよ。

椎茸の飾り切りで女子力UP

鍋って、簡単とか誰でも作れるってイメージがありますよね。

そんな時こそ、ちょっと一手間かけると、普段から料理してるんだな?と思わせることが出来て、女子力がUPしちゃいますよ。

お鍋に入れる椎茸は、格好よく切って「できる女」を気取ってみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする