しじみの砂抜き方法と時間短縮の裏技と旨味が増す冷凍方法

蜆の砂抜き方法の裏技

栄養満点のしじみですが、お味噌汁やしじみ汁の、しじみの身って食べますか?

しじみの身の中に残った砂が、ジャリッとするのが苦手で食べない人も多いのではないでしょうか?

しじみは、汁に溶け出たエキスだけでも、栄養がたっぷりですが、身の中にもしっかり栄養があるんですよ。

上手にしじみの砂抜きをして、栄養たっぷりのシジミの身まで残さずいただきましょう。

しじみの砂抜きの方法や、短時間で砂抜きする裏技と、しじみの旨味を増す方法を紹介します。

しじみの砂抜き方法は真水?塩水?

しじみは、淡水で生きているので、真水で砂抜きをしますよね。

しかし、真水で砂抜きをすると、浸透圧の作用でしじみの旨味成分が半減してしまうんです。

しじみの砂抜きをする時は、1%の塩水で砂抜きをすると、旨味成分が失われなず美味しく食べることができるんですよ。

スーパーで、「砂抜き済み」の表示があるしじみが、売っていることがありますが、結構砂がしじみの中に残っていることがあります。時間に余裕があるようなら、砂抜き済みの表示があっても、塩水で砂抜きをしてあげるといいですよ。

しじみの砂抜き方法

  1. しじみの殻を擦り合わせるように洗い、殻についているヌメリや汚れを落とします。
  2. ボールに500ccの水と小匙1杯(5g)の塩を入れて溶かします。
  3. ボールより一回り小さなザルにしじみを入れて、ボールの中に入れます。
  4. 新聞紙などを載せて、暗くして3~4時間砂抜きをします。
  5. 最後にもう1度、殻の表面を洗えば砂抜きの完了です。

しじみは、1度砂を吐き出しても、そのままではまた砂を吸い込んでしまいます。ざるに入れて、ボールの底にたまった砂に付かないようにすると、上手に砂抜きができますよ。

スポンサーリンク

しじみの砂抜き時間短縮の裏技

砂抜きする時間がないというときは、しじみの「50度洗い」を試してみて下さい。

ボールに50度のお湯を入れて、ざるに入れたしじみを5~10分漬けておくだけで、簡単に砂抜きができます。

温度計で温度を測るのが面倒なときは、給湯器の温度設定を50度にしてお湯を使えば、簡単に50度洗いができますよね。

ただ、塩水で砂抜きをするよりも、旨味成分が失われやすいことと、砂が残ってしまうことがありますので、時間がないときの裏技として試してみてくださいね。

しじみの砂抜き後は冷凍庫へ入れて旨味UP

しじみに限らず、貝類は砂抜きの後に水から出して数時間置くと、旨味成分の「コハク酸」が増えて美味しくなるんです。

新鮮なものは、新聞紙で包んで冷蔵庫などに入れたり、ビニール袋に入れて冷凍庫に1時間程入れておくと、蜆のコハク酸が増えて更に美味しくなります。

すぐに食べないしじみは、砂抜き後に冷凍庫に保存すれば、半年は保存できるそうです。ただ、貝類は食中毒の恐れもありますので、半年も冷凍するのはちょっと抵抗がありますよね。

冷凍してもなるべく早く食べた方が安心ですね。

1度冷凍したものは、凍ったまま料理に使います。火が通ればしじみの口が開いて食べられます。

栄養満点のしじみを更に美味しく食べましょう

真水で砂抜きをするのが一般的とされていたしじみですが、塩水で砂抜きをしたり、1度冷凍することで、旨味成分も栄養も更にUPします。

冷凍庫で保存しておけば、ご主人の2日酔いの朝や、疲れ気味の時に、いつでもしじみのお味噌汁をサッと作ることができます。

栄養満点のしじみを、上手に砂抜きして、美味しく食べたいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする