ふれーゆ裏でサビキ釣り、アジのサイズと初心者おすすめの仕掛けと餌

横浜のふれーゆの裏(末広水際線プロムナード)の釣り場で、鯵が釣れている!噂を聞いたら行かなくちゃ。

今回は、9月上旬のふれーゆでのアジ釣りの釣果と釣れた時間、初心者さん向けの、サビキ釣りに必要な、道具や餌について紹介します。

なんとアクシデント発生!釣りに夢中になりすぎて、出入り口が閉まって釣り場から出られない!そんな時の、ふれーゆの釣り場から出られる抜け道を紹介します。

スポンサーリンク

鶴見ふれーゆ裏でサビキ釣りで鯵釣り

暑くて、暑くて、本当は釣りなんて行きたくなかったんです。二日酔いだしね。

私の勝手な自論で、ふれーゆでアジのサビキ釣りは、朝か夕方。それも、満潮の少し前が釣れる。何の根拠もないんですけどね。

この日は、満潮が18時半頃でした。いいじゃん!

日も傾き始めちょっと涼しくなった、夕刻から釣りに出かけました。

ふれーゆに着いたのは、4時頃です。家族連れが帰り始めて、釣り場は結構空いていました。

ふれーゆ裏の釣りポイントは、こちらで紹介しています。⇒ アクセス方法と釣り場の状況

豆アジとサッパが入れ食い

釣り場に着いてすぐに、5cm前後の豆アジとサッパが入れ食い状態です。

1回に2~3匹、鈴なりに釣れます。親子連れなら、子供も大喜びですよね。

でもね、我が家は食べられる魚じゃなきゃ、嬉しくないんです。豆アジもサッパも食べられるけど、捌くのが面倒くさいですよね。

サビキ釣りの釣果 釣れたアジのサイズは?

そんなこんなで、あまり嬉しくない入れ食いが続いた後、5時頃から15cmを超える良型のアジが釣れ始めました。

良型のアジは、入れ食いとはいきませんが、ポツポツと釣れます。周りの方も同じようなペースで、アジを釣りあげていました。

結果、大きめのアジが釣れ初めて1時間ちょっとでの釣果は8匹。

サビキ釣りで鯵が大量

本当は、もう少し釣れたのですが、針が悪いのか、腕が悪いのか、結構アジが海に落ちてしまいました。

それでも、まぁ飽きずに釣れるペースでアジが釣れるので、楽しかったですよ。

もちろん、釣ったアジは、鯵のなめろうと鯵フライに料理して、美味しく頂きました。

スポンサーリンク

サビキ釣り初心者さんでも釣れる?揃える道具や餌は?

サビキ釣りは、場所や時間を間違えなければ、初心者さんでも面白いように釣れます。

釣り場では、小さなお子さんも、お父さんと同じペースで鯵を釣り上げていました。

道具も高価な物が必要ないので、初心者さんも始めやすいですよね。

初心者さんおすすめサビキ仕掛けと道具竿

餌は、アミコマセという小さな海老が冷凍された物を使います。

アミコマセは、大きさがいろいろありますが、一番小さい物は250円~300円くらいです。

買ってすぐだと、カチンコチンに凍っていますので、少し早めに買ってシャーベット状に溶けた頃が使いやすいですよ。

これなら、虫餌が苦手な人でも、大丈夫ですよね。ただ、手が生臭くなるので、捨てても良い古タオルなどを用意したほうがいいですよ。

始めてサビキ釣りをするなら、針と錘とカゴがセットになっている物を買うと便利ですよ。錘やカゴはずっと使えますので、予備の針だけ買い足してくださいね。

お値段もセットの物で200円~400円、針だけなら100円前後で買えますよ。

サビキの針は、種類によって、ついている針の数が違うんです。お子さんが使う場合は、なるべく針の数が少ない物を選んであげると、ひっかかったり、絡んだりすることが少ないので扱いやすいですよ。

こちらでも、初心者さん向けの釣り情報を紹介しています。

よかったら、合わせて見てみてくださいね。

ふれーゆ裏の釣り場の開門時間と門が閉まっている時の抜け道

ふれーゆから見るみなとみらいの夜景

釣り場は、日が沈むと一気に暗くなりますよね。この釣り場は、街灯がついているので、うっかり釣りに熱中していると、もう真っ暗なんてこともあります。

対岸に見える、みなとみらいの夜景が綺麗だな~なんて思っていたら、もう18時を過ぎていました。

あわてて、帰ろうと思ったら、なんと釣り場入口の門がしまっていて、ビックリです。

調べてみると、この釣り場の開門時間は、9時~17時までなんだそうです。

それ以外の時間は、海に向かって一番右奥にある、抜け道?から外に出られます。ふれーゆの駐車場沿いに進むと、駐車場の入口に出られますよ。

時間を忘れるほど、面白いサビキ釣り。今の時期なら、ふれーゆでアジが釣れてますよ。

釣って楽しい、食べて美味しい鯵。

よかったら、お子さんと一緒に出かけてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする