ミョウバン水の作り方500ml!体臭予防以外にもこんなに使える!

ミョウバン水スプレーの作り方

ワキガや足の臭いの予防で、消臭効果があると言われている、ミョウバン水の少量(500ml)の作り方と、みょうばん水の色々な使い方について紹介します。

作ったミョウバン水の保存方法や、ミョウバンが水に溶けないときの対処法なども気になりますよね。

ミョウバンは体臭防止の他にもお洗濯やお掃除など、いろいろな場面で大活躍します。

ぜひ、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

ミョウバン水の作り方500mlの場合

ミョウバン水は、1.5~2リットルの大きなペットボトルで作る、作り方が多いですよね。

でも、初めて作る時は、効果があるかどうか解らないし、大量に作るのはちょっと不安です。

初めての時は、500mlのペットボトルで少量作って、お試ししてみてはいかがでしょう?

ミョウバン水原液の作り方 水にとけない時はお湯でもいい?

用意するもの

  • 500mlのペットボトル
  • 焼きミョウバン
  • 水道水
  • はかり(または計量スプーン)

作り方

  1. ペットボトルにミョウバンを15~20g入れます。(計量スプーンの場合は、大匙1.5~2杯)
  2. 水道水をペットボトルに入れて、蓋をしてよく振ります。
  3. 常温または、冷蔵庫で1~2日おいて、ミョウバンが溶けて透明になれば出来上がりです。

ミョウバンは、水にとけにくく、初めは上に浮いている状態ですが、1~2日経つと溶けて透明になります。早く使いたい時は、お湯に溶かすと早く溶けます

お水は、水道水を使ってくださいね。ミネラルウォーターや浄水器の水には、塩素が入っていないので、腐敗が早くなってしまいます。

ミョウバン水を作るときのミョウバンの種類

ミョウバンには、焼きミョウバンと生ミョウバンがあります。

生ミョウバンは水分を含んでいるのに対して、焼きみょうばんは焼いて水分を飛ばしています。

ミョウバン水を作るときは、どちらを使っても大丈夫ですが、価格が安く手に入りやすい「焼きミョウバン」を使うと手軽につくれるのでおすすめです。

焼きミョウバンは、ドラックストアー、薬局、ホームセンター、スーパーなどに売っています。

中でも、スーパーのお漬物売り場に売っている「焼きミョウバン」は、お値段も安いので便利ですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

《三幸》焼みょうばん【60g】
価格:108円(税込、送料別) (2019/12/16時点)

スーパーでは、100円以下で購入できることもあります。

お漬物を作るときや煮物のアク抜きなど、食べ物に使うものなので、安心して使うことができますよね。

ミョウバンスプレーの作り方 薄め方

ペットボトルに作った、ミョウバン水の原液を、10~20倍に薄めて、100均のスプレー容器などに入れて使います。

お好みでミョウバン水に、ハッカ油やアロマオイルを1~2滴入れると、肌につけたときの爽快感とほのかな香りを楽しむこともできます。

ごくまれに肌にあわない人もいますので、初めは20倍位に薄めて、目立たない場所にスプレーしてパッチテストをしてから試してみて下さい。

ミョウバン水は酸性ですので、傷がある場所につけると、しみて痛いので気をつけて下さい。

ミョウバン水スプレーの使い方

ミョウバンスプレーは、肌を清潔にして臭いの気にな場所に直接スプレーします。

ミョウバン水のわきが対策の使い方

お風呂上りなどの脇のしたが清潔な状態で、脇のしたにミョウバン水を直接スプレーします。

汗をかいた後などは、汗を拭き取り清潔な状態にしてから、ミョウバン水をスプレーして下さい。

スプレーした後は、タオルで拭いて良いですが、拭かずに自然乾燥させるとより効果的です。

外出先で、洋服にスプレーが飛び散るのが気になる場合は、ティシュなどにミョウバン水をスプレーして気になる部分を拭くようにします。

また、ワキガの臭いが気になる洋服は、洗濯前に臭いの気になる部分にミョウバン水をスプレーしてから洗濯すると、洋服の臭いも気にならなくなります。

ワキガの臭いの原因菌はアルカリ性です。酸性のミョウバン水を使うことにより、中和してアルカリ性の菌の繁殖を抑え、臭いを抑えることができます。

また、ミョウバンには肌を引き締める収れん作用があるので、汗を抑えてワキガの臭いを抑えてくれます。

足の臭い対策にミョウバン水の使い方

足の臭いが気になる場合も、お風呂あがりなどの清潔な状態で足に直接、ミョウバンスプレーをします。

特に臭いが気になる場合は、洗面器にミョウバン水の原液を入れお湯で10倍に薄めた中に、足湯のように10分程度浸けておくのもおすすめです。

足の臭いの原因になる菌は、足の汗や皮脂・垢を栄養にして増えています。

菌の栄養源の汗や皮脂・垢はアルカリ性なので、酸性のミョウバン水を使うことで中和されて、菌が増えるのを防いでくれます。

靴・靴下の臭い対策

せっかく、ミョウバン水で足の臭い菌を防いでも、靴や靴下に菌が繁殖していてはだいなしです。

臭いが気になる靴下は、普通に洗濯・脱水をした後に、5倍程度に薄めたミョウバン水に臭いが気になる指の部分を浸け、絞ってから干します。

靴の中は、菌が繁殖しやすい場所です。

臭いの気になる靴の奥には、少し多めにミョウバン水をスプレーしてから乾かします。

特に臭いが気になる場合は、消毒用のエタノールを脱脂綿にたっぷり含ませて、靴の中を丁寧に拭いてから乾かすのも効果があるのでおすすめです。

お風呂にミョウバン水を入れる

別府にある「明礬温泉」は有名ですが、ミョウバンは薬湯として昔から使われています

お風呂の中にミョウバンを入れると、体臭や加齢臭を予防することができます。

お風呂に入れるミョウバン水の量は、ミョウバン水の原液を50~70cc程度です。ミョウバンをそのまま使う場合は3つまみ程ですが、そのままのミョウバンを使う場合は溶けにくいので早めにお風呂に入れておくようにします。

お風呂にミョウバン水を入れることで、体臭を防ぐほかに殺菌効果と抗菌効果でアトピーや背中ニキビなどにも良いと言われています。

アトピー性皮膚炎の場合、根本的な治療にはなりませんが、症状の軽減に役立つという説があります。

お風呂にミョウバンを入れるときの注意

ミョウバン水は酸性ですがので、体に傷があるとピリピリ傷みます。

また、小さいお子さんが入浴する場合は、ミョウバンを少なくして肌の調子を確認してあげてください。

ミョウバンには保湿効果がありませんので、入浴後にはしっかり保湿するようにしましょう。

ミョウバン水でニキビ対策

酸性のミョウバン水を使うことで、アルカリ性を好む「アクネ菌」の繁殖を防ぐといわれています。

洗顔後にニキビが気になる場所に、薄めたミョウバン水をつけて自然乾燥させます。肌の状態によっては、ニキビが悪化することもあるので、少しづつ様子を見ながら試してみてください。

肌のツッパリがひどい場合は、ミョウバン水を更に薄めて使うようにします。

顔のテカリ予防

ミョウバン水の収れん作用で肌を引き締めることで、過剰に出る顔の脂を抑えます。

洗顔後に顔のテカリが気になる部分に、薄めたミョウバン水をつけると顔のテカリを防ぐことができます。

顔全体につけてしまうと肌がつっぱってしまうので、Tゾーンを中心にミョウバン水をつけると、顔のテカリの改善になります。

スポンサーリンク

ミョウバン水でキッチン掃除

ミョウバン水は体臭を消す効果は有名ですが、消臭作用や殺菌作用があるので、キッチン掃除にも大活躍します。

生ゴミの臭い消し

生ゴミに直接スプレーすることで、臭いの軽減になります。

また、ゴミ箱の臭いが気になるときも、直接スプレーして自然乾燥させると雑菌の繁殖をおさえるので臭いが気にならなくなります。

まな板や布巾の除菌

雑菌の繁殖が気になるまな板も、ミョウバンスプレーをひと吹きしておくと、菌の繁殖が抑えられます。

布巾は、ミョウバン水を薄めて3分ほど浸してから乾かします。

ミョウバンは漬物などにも使えるものなので、食べ物が直接触れるまな板でも安心して使うことができますよね。

鍋のコゲ取り

鍋の内側にコゲ跡がついてしまった場合は、コゲが隠れる程度にミョウバン水の原液を入れて火にかけます。

2~3分煮立てたあとに、火を止めて冷めるまで放置した後にたわしなどで擦ると、簡単にコゲが落とせます。

ガス台の吹きこぼれ後のコゲも、ミョウバン水をスプレーして2~3分たってから拭くと綺麗になるんですよ。

ミョウバン水で掃除

キッチン以外でも、お掃除のときにミョウバン水があると便利です。

拭き掃除をするときに、ミョウバン水を使うとお部屋の臭い消しに役立ちます。

また、使ったあとの雑巾も雑菌が抑えられて、雑巾のくさい臭いの予防にもなります。

トイレ掃除

トイレのアンモニアの臭いはアルカリ性です。

トイレ掃除に酸性のミョウバン水を使うと、中和してアンモニアの臭いが軽減されます。

お風呂掃除

酸性のミョウバン水は、お風呂の気になる水垢やカビにも使えます

黒かびが生えてしまった場合は、ミョウバン水の原液をつかってお掃除します。

しつこいカビの場合は、ミョウバン水をスプレーした後にラップなどでパックしてしばらく置いてからブラシで擦ると落ちやすくなります。

鏡の汚れにもミョウバン水をスプレーしてお掃除をすると、石鹸アカや曇りが綺麗になります。

ペットの臭い

ペットのトイレまわりや、ケージの中もミョウバン水を使ってお掃除をすると、アンモニア臭などの気になる臭いに効果があります。

ミョウバン水を使った洗濯方法

ミョウバン水は、洗濯物の生乾きの臭いを軽減させたり、衣類をふんわりさせる柔軟剤の役目もします。

洗濯に使う場合は、洗剤と一緒に使うとお互いの成分で中和されてしまうことがあるので、みょうばん水はすすぎの時に入れるようにします

臭いが強い枕カバーや靴下は、脱水後に薄めたミョウバン水につけてから絞って干します。

また、洗濯機本体のお掃除にもミョウバン水が使えます。

洗濯機に40度程度のお湯を入れ、ミョウバン水の原液を3リットル入れて、洗濯機の掃除コースで洗います。

洗濯槽クリーナーを使わなくても、洗濯機の汚れや臭いがスッキリしますよ。

部屋の臭い消し

布団やカーテンなどの臭いも、ミョウバン水をスプレーすると消臭することができます。

ファブリーズなどの消臭スプレーの代わりに使うことができるので、経済的に便利ですよね。

ミョウバン水の保存期間は常温でどのくらい?

ミョウバン水の原液は、常温で3年程度持つといわれています。

しかし、肌に直接つけるものですので、あまり長く保存したものは、ちょっと心配ですよね。なるべく早く使い切るほうが安心です。

また、水で薄めたミョウバン水は、あまり日持ちがしません。

薄めたミョウバン水は、冷蔵庫で保存してなるべく一週間以内に使い切ったほうが安心です。

薄めてしまったミョウバン水が使いきれないときは、消臭剤として洗濯物に吹きかけたり、お掃除に使うようにすると無駄がなく使い切ることができます。

また、初めから薄めて作ってしまうと日持ちがしないので、薄めて作るときは量を少なく作るようにしてくださいね。

体臭が気になる時の食べ物の注意は、こちらで紹介しています。

よかったら、参考にしてみてくださいね。

ミョウバン水

ワキガや足の匂いが気になる時に、消臭剤として有名なミョウバン水ですが、消臭効果の他にも、洗濯物やカーテンの臭い取りや、スキンケアとしても使うことができます。

いきなり沢山のミョウバン水を作るのは、ちょっと不安ですよね。

500mlのペットボトルで、お試しに少しだけ作ってみてはいかがですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする