カビがはえたレースのカーテンを洗濯機で洗う時の洗剤と干し方

レースカーテンのカビ取り方法

レースのカーテンにカビが生えてしまったとき、どうしていますか?

カーテンの洗濯絵表示を確認して、洗濯機で洗える物は、おうちで洗ってしまいましょう。

レースカーテンのカビを取る洗剤や、洗い方、干し方を紹介します。

スポンサーリンク

カビがはえてしまったレースのカーテンは洗濯機で洗える?

レースカーテンの洗濯絵表示を確認して、洗濯機OKの表示があれば、おうちでも洗うことができます。

漂白剤と洗濯洗剤を入れて、洗濯機で洗えば・・・。この方法では、漂白剤の殺菌作用で、カビ菌を死滅することは出来ても、黒いシミは残ってしまいます。

カビの臭いを取るだけなら、これで十分ですが、できることなら黒いカビのシミも綺麗に落としたいですよね。

白いレースカーテンの、カビの黒いシミを落とす洗剤や、洗い方を紹介します。

カビを落とす洗剤でカーテンに使えるものは?

白いレースカーテンの場合、お風呂のカビを取る、カビキラーが有効です。ただ、これは白いレースカーテンに限ります。色柄物は色が落ちてしまうので、使用出来ません。

お風呂のカビキラーの使用注意を読んで、換気をしたり、ゴム手袋を使用するなど、使用上の注意を守って下さい。

また、「まぜるな危険」の表示がありますので、絶対に酸性の洗剤を一緒に使わないで下さいね。

カビキラーを使ったレースカーテンのカビ取り方法

  1. カビのシミが出来ている部分に、カビキラーを吹きかけます。
  2. カビキラーの泡を、カーテンのカビ汚れになじませます。
  3. そのまま5~10分放置します。
  4. 泡を水で洗い流します。
  5. カーテンを洗濯ネットに入れて、洗濯洗剤を入れて洗濯機で洗います。

必ず、使用上の注意を守って、酸性の洗剤と一緒に使わないで下さいね。

カビキラーの成分が強く、カーテンを傷めることがあります。自己責任で挑戦して下さい。

スポンサーリンク

カビキラー以外の洗剤では

カビキラーを使うのはちょっと・・・という方は、カビキラーよりも効果は落ちますが、塩素系の衣類用漂白剤(ハイターなど)を使ってください。

ハイターも塩素系ですので、使用上の注意を読み、使用して下さい。

原液で使うと、カーテンの生地を傷めますので、表示どおり薄めて使います。

レースのカーテンの皺にならない干し方

洗ったレースカーテンは、カーテンフックをつけ、カーテンレールにかけて干します。

カーテンの重みで、シワにならずに干すことができますよ。

カーテンを干す時は、窓をあけて風をとおすようにすると、早く乾いて、乾いた後の臭いも気になりません。

カビの臭いも気になります、早めの対処が大切ですね

リビングがカビ臭いと思ったら、カーテンにカビが出ていたという経験はありませんか?

梅雨の時期には、じめじめして更に臭いが気になりますよね。

カーテンのカビを見つけたら、カビが広まらないうちに、早めに洗ってしまえば、普通の漂白剤や洗剤で対処できます。

梅雨の前の、お天気の良い日に、お部屋のカーテンを洗って、快適な夏を過ごしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする