六義園の最寄駅とアクセス方法駅出口、開園時間とライトアップの時間

六義園のライトアップ時間とアクセス方法

桜や紅葉の名所として有名な、六義園(りくぎえん)は、夜のライトアップでさらに綺麗ですよね。

ところが、六義園に夜入れる期間は決まっているんですよ。

今回は、六義園への駅からの、詳しいアクセス方法や、普段の開園時間やライトアップ時の入場時間について紹介します。

夜に行ったら入れなかった、と無駄足を踏まないように、事前に確認してくださいね。

スポンサーリンク

六義園への最寄駅は?

六義園へ行く時の最寄駅は、JR山手線と東京メトロ南北線の「駒込駅」。

または、都営地下鉄三田線の「千石駅」が、アクセスしやすい駅になります。

「巣鴨駅」からは、少し離れているので、気をつけてくださいね。

六義園へのアクセス方法と駅の出口は?

六義園への行き方と、駒込駅と千石駅のアクセスしやすい駅の出口について説明します。

駒込駅からのアクセス方法

JRの場合は、駅の南口に出ます。東京メトロは、2番出口に出ます。

バスターミナルの横を通り、本郷通りを2分ほど歩くと、左側に六義園の染井門があります。

この染井門は、桜や紅葉の時期以外は、閉門しておりここから六義園に入ることができません。

染井門が閉まっている時は、正門から六義園に入りますが、正門に曲がるところは、本郷通りを横断でないので、この場所で六義園側に、道路を横断しておいた方がいいですよ。

染井門から六義園に入れるのは、ライトアップやイベントがある時だけなので、気をつけてくださいね。

東京メトロを利用した場合は、2番出口から出ると、六義園の染井門の近くに出られます。

染井門が開いていない時は、そのまま六義園を右手に見て、本郷通りをすすみ、コンビニ(サンクス)の横の道を右折して六義園の塀沿いに進み、右折するとすると六義園の正門につきます。

駅からは、徒歩約7分です。

スポンサーリンク

千石駅からのアクセス方法

千石駅のA3出口から出ます。

出口から出て、白山通りを右手に進みます。不忍通りを横断して、みずほ銀行の前を右折します。

そのまま不忍通りを直進して、駒込警察前の信号を右折して50mほど進むと「六義公園」の入口が見えます。

六義公園を右折して塀沿いに100mほど進むと、六義園の正門に着きます。

千石駅からは、徒歩約10分です。

六義園の開園時間と桜や紅葉のライトアップ時間

六義園の開園時間

  • 午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)

桜や紅葉の期間は、午後9時まで延長されます。(入園は8時30分まで)

ライトアップの時間

  • 日没~午後9時

ライトアップする日程については、東京都公園協会のHPで確認できます。

⇒ 東京都公園協会「六義園」

こちらでも、六義園周辺の観光情報が探せます。

⇒ 楽天たびノート 六義園

チェックしてみてくださいね。

六義園のライトアップ

桜や紅葉の時期には、ライトアップされる人気のスポット「六義園」ですが、ちょっと駅から歩くのがもどかしいんですよね。

でも、ライトアップの期間は、駒込駅近くの「染井門」から入ることが出来るので、とっても便利です。

この機会に、ぜひ六義園に訪ずれてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする