ひたち海浜公園のコキアの見頃はいつまで?現在の状況の確認方法

ほうき草の紅葉の見頃

年間を通して、色とりどりの花が咲く「国営ひたち海浜公園」の、秋の紅葉としてコキアが有名ですよね。

この時期は、真っ赤に色づくコキアの他にも、秋バラやキバナコスモスも見頃になります。

東京から日帰りで行ける、茨城県を代表する観光スポットのひたち海浜公園の、コキアの見頃の時期や現在の色づき具合などを確認する方法を紹介します。

スポンサーリンク

ひたち海浜公園のコキアの見ごろと見どころ

真っ赤に色づいた「コキア」を見たいなら、10月上旬~10月中旬がおすすめです。

みはらしの丘を、真っ赤に染め上げるコキアと、コスモスとの競演が見られますよ。

特に夕刻には、夕やけのオレンジの光に包まれたコキアは、息を呑むほどの美しさです。

また、この時期に「きてみてさわってコキアカーニバル」が開催されて、各種のイベントも開催されますので楽しみですよね。

きてみてさわってコキアカーニバルの開催期間は

  • 平成28年9月17日(土)~10月23日(日)

最終日の10月23日は、入園料が無料になりますので、お見逃しなく!

コキアというと、紅葉の時期が有名ですが、紅葉の時期に少し早い9月下旬~の時期に訪れるのもおすすめです。

気温が下がってくるとともに、緑から赤に変わるコキアのグラデーションが魅力的なんですよ。

ぜひ、この時期にも足を運んでみたいですよね。

ひたち海浜公園のコキアの紅葉はいつまで?

コキアの紅葉の見頃は、10月の中旬ですが、コキアカーニバルがやっている、10月23日頃までは大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

少し時期が遅くなってしまっても、10月の下旬頃までコスモスが満開です。満開のコスモス越しに見る、少し黄金色に変わってくるコキアを見るのも、また違った美しさです。

ただ、11月に入ってしまうと、コキアが刈り取られてしまいますので、コキアを確実に見たい場合は、10月中に見に行くことをおすすめします。

ひたち海浜公園の現在の状況を確認するには?

深緑の季節から、紅葉の季節まで、色の変化を楽しめるコキアですが、やはり訪ずれる時期がどんな状況なのか、事前に知りたいですよね。

そんな時は、こちらでコキアの状況を確認することができますよ。

⇒ 国営ひたち海浜公園 いまみられる花情報

リアルタイム更新ではありませんが、コキアの色づき具合を確認することができます。

お出掛けの前に、チェックしてみてくださいね。

こちらでも、ひたち海浜公園の紹介や周辺の観光スポットが紹介されています。

⇒ 楽天たびノート 国立ひたち海浜公園

ひたち海浜公園のみはらしの丘に近い駐車場

国立ひたち海浜公園は、東京ドーム41個分もある、とても広い公園です。

コキアが見られる「みはらしの丘」に行くには、西駐車場を利用するのが便利です。

しかし、駐車場までは、かなり距離があります。

小さいお子さん連れや、歩く事に自信がない場合は、園内を巡回している「シーサイドトレイン」を利用するのもいいですね。

都心からもアクセスがいい、ひたち海浜公園まで、足を伸ばして「コキア」の紅葉を楽しんでみてはいかがでしょう?

土浦花火大会の情報も紹介しています。

よかったら、こちらも見てみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする