乾燥肌用の入浴剤を手作りで赤ちゃんも安心、重曹の入浴剤はNG?

入浴剤の作り方

乾燥肌用の入浴剤、市販でいろいろな種類が販売されていますよね。

でも、乾燥肌用の入浴剤って、結構お値段が高いんですよね。

今回は、簡単に出来る乾燥肌の方のための、手作り入浴剤を紹介します。

無添加の手作り入浴剤ですので、赤ちゃんでも安心して使えますよ。

それと、手作り入浴剤でポピュラーな重曹、これって乾燥肌の人には向いていないって、知ってました?

スポンサーリンク

乾燥肌用の入浴剤も手作りで安心

手作りと言っても、お風呂にグリセリンを入れるだけです。

お風呂のお湯に、10~15mlのグリセリンを入れます。香りが欲しい時は、アロマオイルを3~5滴一緒に入れてみて下さいね。

グリセリンは、乾燥肌の方の保湿剤として有名ですよね。グリセリンを湯船に入れると、お風呂上りの肌が、しっとりします。

お風呂から出る時は、シャワーで洗い流さずに、そのまま出て下さいね。

保湿剤として使うグリセリンは、石油から作られる合成グリセリンではなく、必ず植物由来のグリセリンを使ってください。

乾燥肌に効果がある、アロマオイルは

  • ラベンダー
  • カモミール・ローマン
  • キャロットシード
  • サンダルウッド
  • パルマローザ
  • ローズウッド

などが、一般的です。お好みの香りを見つけて、湯船に入れれば、リラックス効果も抜群ですよね。

スポンサーリンク

赤ちゃんでも使える乾燥肌用の入浴剤

グリセリンの入浴剤は、無添加なので赤ちゃんでも、安心して入浴することができます。

乾燥して痒がる赤ちゃんも、グリセリンの入浴剤で、お肌がしっとりすれば、痒くてグズることも減ってよいですよね。

赤ちゃんの入浴にオススメしたい、アロマオイルは、「ラベンダー」です。

ラベンダーには、保湿効果かはもちろん、ヒーリング効果でリラックスすることが出来るので、お風呂あがりにはぐっすり眠りにつくようになりますよ。

もちろん、赤ちゃんにも使えるアロマオイルです。フローラルな香りですので、初めてアロマオイルを使う人にもおすすめですよ。

ただ、妊娠初期の方は、使用しないでくださいね。

重曹で作る入浴剤は乾燥肌にはNG?

手作りの入浴剤として有名なのが、重曹やクエン酸を使った入浴剤ですよね。

シュワシュワとして、体を温める効果がありますが、実は乾燥肌の人には、あまりおすすめできないんですよ。

重曹は、お掃除で、油汚れを落とす時に使いますよね。重曹をお風呂に入れることで、肌の脂も落としてしまうんです。

乾燥肌の人は、重曹の入浴剤はあまり入らない方がいいですよね。

家族の希望で、重曹入りの入浴剤を使う時は、お風呂上りに、保湿ローションで、必ず肌を保湿してくださいね。

乾燥肌用の手作り入浴剤

乾燥肌は大人でも、痒くて我慢ができません。小さなお子さんや赤ちゃんは、なおさらです。

痒くてグズる姿をみるのは、お母さんとしても辛いですよね。

赤ちゃんと一緒に使える、グリセリンのお風呂。よかったら、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする