下半身の冷えに効果的なカイロを貼る位置は?冷える原因は?

足の冷えに効果的な方法

お仕事中や外出時に、下半身が冷えて困っちゃうことってありませんか?

特に女性は、下半身が冷えてトイレが近くなったり、むくんだりして困ってしまいますよね。

今回は、カイロを使って、簡単にできる冷え対策を紹介します。

見えない場所に、こっそりカイロを貼って、スマートに下半身の冷え対策をしてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

下半身の冷えに簡単で効果がある方法

今回は、外出先などでも、すぐに対処が出来る、使い捨てカイロを使った下半身の温め方を紹介します。

使い捨てカイロなら、コンビニなどでも手軽に手に入るので、急に冷えて来た時でも対応できますよね。

下半身が冷えてしまった時に、重要なのは、カイロを貼る位置なんですよ。

下半身の冷えに効くカイロを貼る位置は?

下半身、特に足が冷えると、靴の中に小さいカイロを入れると効果的と考えがちですが、もっと効果があるのは、お尻にカイロを貼ることなんですよ。

具体的な場所は、お尻の割れ目の上の骨が出っ張っているあたりです。

ここは、仙骨といって、この仙骨の周りには、重要な神経や足先に向かう太い血管が通っています。

この部分を温めることで、下半身に流れる血液も温められ、副交感神経の働きも活発になるので、下半身が温まるんですよ。

また、お腹にカイロを貼るのも効果がありますよ。

おへその下1~2センチの場所に、カイロを貼ります。下腹部に貼ることで、内臓が温められて、体温が上がります。また、下腹部には血液が多く集まっているので、お腹を温めることで、全身に流れる血液が温かくなり、手足の冷えにも効果があるんですよ。

それでもまだ、足先が冷える場合は、足の内側のくるぶしから、指3本分くらい上を暖めてあげると、足先の冷えに効果があります。

くるぶしの上に小さめのカイロを貼って、レッグウォーマーをすれば、回りから気づかれない上に、更に温まりますよね。

スポンサーリンク

下半身が冷える原因と一番効果がある位置は?

下半身が冷える原因は、下半身の筋力の低下や骨盤の歪みなどがあります。

ウォーキングなどの適度な運動をしたり、長時間同じ姿勢で座っていないようにするなど、日常的なケアが大切ですよね。

しかし、仕事中や外出先で、ちょっと下半身を温めたいときは、カイロで仙骨(お尻)の周りを温めてあげるだけなら、簡単にできますよね。

仙骨を温めることは、下半身を温めるだけでなく、新陳代謝を活発にして、足のむくみやダイエットにも効果があると言われているんですよ。

ちょっと、下半身が冷えるなと感じたら、仙骨のあたりにカイロを貼って温めてみてくださいね。血行がよくなって、下半身が温かくなってきますよ。

カイロを貼るときの注意

カイロを体に貼る時の注意は、みなさんご存知だと思いますが、直接皮膚に貼ってはダメですよ。下着や洋服の上からカイロを貼ってくださいね。

また、寝る時に貼ったり、長時間同じ場所に貼っておくと、低温火傷を起こしてしまいますよ。

手軽に体を温められる、カイロはとっても便利ですよね。低温火傷に十分注意して、上手に下半身の冷え対策に活用してみては、いかがでしょう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする