赤ちゃんに日焼け止めは必要なの?いつから使えるか選び方のポイント

赤ちゃんの紫外線防止対策

日差しの強い季節、赤ちゃんと外出する時の、紫外線って気になりますよね。

紫外線によるリスクを減らすために、赤ちゃんの頃から、紫外線対策が必要です。

紫外線から赤ちゃんを守るための、日焼け止めを塗り始め時期、選び方のポイントを説明しますね。


赤ちゃんに日焼け止めは必要なの?

昔は、赤ちゃんに日光浴をしないと、脚気になると言われて、母子手帳でも日光浴を推奨する項目がありました。

しかし、現代では紫外線が強くなり、赤ちゃんの頃から、紫外線を強く浴びてしまうと、大人になってから、シミや皮膚癌になる可能性が高くなります。

適度な日光浴は骨の発達に必要ですが、外出時はUV加工の衣類を着せたり、日焼け止めを塗るなど、過度に紫外線を、肌に吸収させないための、工夫が必要です。

赤ちゃんに日焼け止めはいつから塗っていいの?

生後3ヶ月未満の赤ちゃんは、肌がとてもデリケートですので、日焼け止めを塗ることはおススメできません。

なるべく紫外線の強い時間の外出をさけ、外出するときは、ベビーカーにUV加工の薄い布をかぶせるなど、直射日光を浴びない工夫をします。

3ヶ月を過ぎてから、肌の露出する部分に日焼け止めのクリームやローションを塗ってあげましょう。

赤ちゃんの日焼け止めの選び方のポイントは?

大人よりデリケートな赤ちゃんの肌。大人と同じ日焼け止めでは、刺激が強すぎます。

赤ちゃんのための、日焼け止めを選ぶポイントをまとめてみました。

ノンケミカルの物を選ぶ

日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤(ノンケミカル)があります。

紫外線吸収剤は、防御力が高いぶん、肌への負担も大きくなります。また、化学変化を起こしやすく、デリケートな肌の赤ちゃんには向きません。

紫外線散乱剤(ノンケミカル)の日焼け止めは、化学変化を起こさないので、肌への負担が少なくすみます。

ノンケミカルの物は、化学変化を起こさないので、日焼け止め効果も長く持続して、塗りなおしの回数も少なくすみます。

「紫外線散乱剤」「紫外線吸収剤フリー」「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル処方」などの表示のあるものを選びましょう。

石鹸で洗い流せる物を選ぶ

日焼け止めは、お湯や石鹸で、簡単に洗い流せる物を選びます。

日焼け止めの成分が、肌に残ってしまうことは、赤ちゃんの肌に負担をかけてしまいます。

「お湯でおちる」「石鹸でおちる」などの、表示があるものを選びましょう。

肌の負担になる成分が入っていない

デリケートな赤ちゃんの肌に、負担になる成分が、入っていないものを選びます。

「無香料」「無着色」「アルコールフリー」「防腐剤フリー」などの、赤ちゃんの肌に負担になる成分が、入っていないものを、選びましょう。

アロベビー UV&虫除けミスト は、100%天然由来の成分ですので、赤ちゃんにも安心ですよね。お湯で洗い流せるので、ママも助かります。

ミストタイプで、シュッとするだけなので、外出先でも塗り直しがしやすいし、赤ちゃんだけでなく、動き回るお兄ちゃんにも、シュッと使いやすいですよね。

UV対策だけでなく、虫よけ対策にもいいみたい。人気No.1というのも、納得です。

赤ちゃんの日焼け止めで迷ったら、1度試してみては、いかがでしょう?

赤ちゃんの肌を紫外線から守るために

赤ちゃんを紫外線から守るために、紫外線が一番強い、11時から15時までの外出は、なるべく避けるようにします。

外出時は、UV加工の衣類を着せたり、日焼け止めを塗るなどの工夫で、赤ちゃんを紫外線から守ることが大切ですね。

日焼けによる、紫外線のダメージは、赤ちゃんの頃から蓄積されて、シミや皮膚がんの発症リスクを高めていきます。

早い時期から、紫外線対策をすることが、大切ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする