里芋の皮むきは簡単に電子レンジや鍋で茹でる方法とアルミホイル

里芋の下ごしらえ方法

里芋って美味しいんだけど、里芋の皮を剥くのが面倒で、あんまり料理したくないですよね。

そこで、今回は里芋の皮が、簡単にむける方法を紹介します。

やってみると、ビックリするほど簡単、今までの苦労は何だったの・・・と思っちゃいますよ。

こんなに、簡単にサトイモの下ごしらえが出来るなら、どんどん里芋料理を作りたくなっちゃいますよね。

スポンサーリンク

里芋の皮むきで簡単なのは電子レンジでチンしちゃう

一番、簡単な里芋の皮むき方法は、里芋を電子レンジでチンしちゃう方法です。

やり方は、

  • 里芋を洗って、泥を落とす。
  • 濡れたままの里芋を、耐熱容器に入れて、ふんわりラップをする。
  • 電子レンジで5~10分ゆでる。
  • 冷水に入れて、里芋を冷ましてから、手で皮を剥く。

ねっ、簡単でしょ。

手で皮がうまく剥けないときは、キッチンペーパーでこするようにすると、きれいにむけますよ。

レンジにかける時間は、里芋の大きさや、皮をむいた後の料理方法で調節して下さいね。

煮物など再度火を通す調理のときは、あまり長くレンジをかけないようがいいですよ。

茹でたばかりの里芋は、とっても熱くなっているので、火傷には注意して下さいね。

スポンサーリンク

里芋の皮むき簡単に鍋で茹でても

電子レンジで茹でるのは抵抗があるわ。という方は、里芋を鍋で茹でても大丈夫ですよ。

鍋でゆでる時は、水から里芋を入れて、沸騰したら約10分で冷水にあげてください。

これも、電子レンジでゆでるときと同じで、里芋の大きさや調理方法で、ゆでる時間を加減してくださいね。

鍋で里芋を茹でても、同じように皮がチュルンと剥けちゃうんです。

里芋の皮を剥くと、手がかゆくなる人は、里芋を茹でてから剥くと、手がかゆくならないんですよ。

手が痒くなってしまったら、手にお酢をつけて揉むようにすると、痒みがとれますので、試してみてくださいね。

里芋の簡単な皮むき方法はアルミホイルでも

最近、野菜の皮剥き用の、ボツボツがついたゴム手袋が売っていますよね。

あの手袋でも、里芋の皮を剥くことができますが、持っている人ってあんまりいませんよね。

そんな時は、アルミホイルを、くしゃくしゃに丸めて、たわしのように擦っても皮をきれいに剥くことができます。

生のまま、里芋を調理をしたい時は、この方法が一番簡単ですよね。

里芋の皮をむいて、残ったときの保存方法を紹介しています。

こちらも、参考にしてみてくださいね。

簡単な里芋の皮のむき方

里芋の皮むきって、硬くって大変です。

それに、庖丁で皮を剥くと、結構厚く皮がむけて、ちょっともったいない!

里芋の皮は、茹でてから剥いたり、アルミホイルで擦って剥くと、皮だけが剥けるので、無駄がありません。

里芋の皮向きが面倒な方は、簡単な皮むき方法を試してみてくださいね。

里芋料理が得意になっちゃうこと、間違いなし!です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする