コンビニの塩味ゆで卵の作り方、むきやすいしおいしいからオススメ

コンビニエンスストアーの味付け玉子レシピ

コンビニで売っている、塩味がついたゆで卵って、殻がついているのに、何で卵に塩分がついているのか、不思議ですよね。

でも、これって、意外と簡単に、ご家庭でも作れちゃうんですよ。

コンビニで売っている、塩味がついた殻つきゆで卵の、簡単なレシピを紹介します。

簡単なので、お弁当のおともに、作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

コンビニの殻つき塩味ゆで卵の作り方

塩味の殻つきゆで卵を作るために、必要な材料はこれだけです。

作り方も、本当に簡単なんですよ。

  • 丈夫なビニール袋に高濃度の塩水を作ります。分量は、卵一つなら、水100ccに35gの塩を溶かします。
  • 水と塩の分量は、卵の数で調節してくださいね。卵3個なら、上記の分量×3で、水300ccに塩105gです。
  • お鍋で、お好みの硬さのゆで卵を作ります。
  • ゆで卵が出来たら、すぐに鍋から出して、塩水に入れます。
  • ビニール袋の空気を抜き、あら熱が取れたら、冷蔵庫に1晩おけば出来上がりです。

ポイントは、卵が熱いうちに塩水に入れることですよ。

塩分は、お好みで調節しても大丈夫ですが、あまり塩が少ないと塩味がつかないので注意してくださいね。

ちなみに、セブンイレブンの味付けゆで卵は、「伯方の塩」を使っているんですって。でも、ご家庭で作るなら、普通の塩で大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

コンビニみたいなむきやすいゆで卵の作り方は?

普段のお弁当には、殻がついていないゆで卵でもいいんだけど、なぜか遠足や運動会の時のゆで卵って、殻つきの方が美味しく感じるんですよね。

せっかく作った味付きのゆで卵も、きれいにむけないと、ちょっとがっかりです。

失敗しないで、きれいに殻が剥けるゆで卵の、作り方も紹介していますので、よかったら参考にしてみてくださいね。

コンビニのゆで卵はおいしいから人気だけど、お値段が・・・

コンビニの塩味ゆで卵は、美味しいけど、お値段がちょっと・・・。

セブンイレブンでも、「味付き半熟ゆで卵1個入り」が68円(税込み73円)ですよね。

大きな声では言えませんが・・・卵が、ちょっと小さいし。

でもね。こんなに簡単に作れるなら、断然自分で作った方がいいと思うんですよ。

ゆで卵の固さも、お好みに作れるしね。是非試してみてくださいね。

コンビニの味付け半熟ゆで卵

コンビニの殻つきゆで卵は、薬を使って味を染み込ませているから、危険!なんて、噂がたったこともありましたよね。

でも、それはあくまでも噂です!

卵の表面にある、目に見えない小さな穴から、塩分を染み込ませることで、ゆで卵に味がつくんです。

簡単に作れる、コンビニの味付け卵、遠足や運動会のお弁当にいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする