プーアル茶のダイエットに効果的な飲み方と副作用やカフェイン

プーアル茶の痩せる効果

ダイエットに効果があると言われている「プーアル茶」ですが、実際にどんなダイエット効果があるのでしょうか?

ダイエットに効果的なプーアル茶の飲み方や成分、気になる副作用やカフェイン、ウーロン茶とプーアル茶の違いについて紹介します。

スポンサーリンク

プーアル茶はダイエットに効果があるの?

ダイエットで有名なお茶は、ウーロン茶ですよね。実は、ウーロン茶もプーアル茶も原料は同じ緑茶の茶葉なんですよ。

ウーロン茶とプーアル茶の違いは、発酵のしかたにあり、ウーロン茶は茶葉を半発酵させたもので、プーアル茶は細菌発酵したものなんです。

最近、トクホのお茶などで注目されている「カテキン」も、緑茶が原料のプーアル茶には元々含まれているのですが、このカテキンの成分が細菌発酵することで「重複型ポリフェノール(重複型カテキン)」に変化します。

重複型ポリフェノールは、カテキンよりもダイエットに効果がある成分が強いと言われているんです。

そのためプーアル茶は、カテキンの持つ、脂肪吸収を抑えて余分な脂を排出してくれる効果があり、ダイエットに良いと言われているんですよ。

また、プーアール茶は、運動などで脂肪を燃やす手助けする、脂肪燃焼効果も期待できます。

その他に、プーアル茶に含まれている「タンニン」は、新陳代謝を向上させて、むくみ解消やデトックスに効果があると言われています。

スポンサーリンク

プーアル茶の効果的な飲み方と量、カフェインは?

プーアル茶には、少しですがカフェインが含まれています。

そのため、空腹時に飲み過ぎると、カフェインが胃を刺激するため、胃液が出すぎて胃を荒らしてしまうことがあります。

トクホのお茶のように、食事の油分を流す働きがあるので、食事中や食後に1~2杯飲むと、食事の脂肪吸収をブロックしてくれて、ダイエットの効果が期待できますよね。

ダイエットにいいからと、大量に飲むと、効果が倍増するというわけではなく、反対にカフェインの取りすぎが心配になりますね。

プーアル茶の効果に副作用は?

プーアル茶に含まれているカフェインは、緑茶の半分くらいの量です。

それでも、大量に摂取することで、カフェインの取りすぎで「不整脈・不眠・めまい・下痢・吐き気・情緒不安」などの症状が出る場合があります。

また、妊娠中や授乳中の場合は、カフェインの摂取を控えるためにも、プーアル茶を飲まない方が安心ですね。

プーアル茶でダイエット

プーアル茶は、油っぽい食事をした時に、余分な脂の吸収をブロックして体外に排出したり、運動による脂肪燃焼を助ける働きがあります

プーアル茶を飲めば痩せるのではなく、ダイエットの時にプーアル茶を飲むことで、太りにくくなると考えた方がいいですね。

ダイエットだけでなく、食事の時にプーアル茶を飲む習慣をつけることで、太りにくく新陳代謝をよくして、健康にもいいですよね。

プーアル茶のダイエット効果について、紹介させていただきました。よかったら、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする