秋の七草覚え方は語呂合わせで、由来や七草粥を食べる日は?

秋の七草の由来と覚え方

春の七草は有名ですので、覚えている方も多いのではないでしょうか?

では、秋の七草は?と、聞かれたら答えられますか?

お子さんに聞かれも、困らないように、秋の七草の覚え方や由来、春の七草粥のように、お粥にして食べるのか?現代の「新秋の七草」についても、紹介しますね。

スポンサーリンク

秋の七草の覚え方は語呂合わせで簡単

秋の七草は、語呂合わせで覚えると、簡単なんですよ。

覚え方は、「おすきなふくは」と覚えてくださいね。

  • お  オミナエシ(女郎花)
  • す  ススキ(薄)
  • き  キキョウ(桔梗)
  • な  ナデシコ(撫子)
  • ふ  フジバカマ(藤袴)
  • く  クズ(葛)
  • は  ハギ(萩)

この他にも、語呂合わせで覚える方法ありますが、この「おすきなふくは」が一番、ポピュラーな覚え方ではないかと思います。

最近は、歌で覚える方法もあるようですが、これも種類が沢山ありますよね。

一つ紹介しますね。

幼稚園で教わったのでしょうか?可愛らしいですね。

歌にすると、小さいお子さんでも覚えやすいですよね。

秋の七草の由来は?

秋の七草の由来は、奈良時代の万葉集に、山上憶良(やまのうえの おくら)が詠んだ歌からきています。

「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」

・秋に咲いている花を指を折って数えてみれば、七種類の花がある

「萩の花 尾花葛花(くずはな) 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(おみなえし) また 藤袴(ふじばかま) 朝顔の花」

・萩の花 すすき 葛 なでしこ おみなえし 藤袴 朝顔

万葉集第八巻より

秋の七草は、この山上憶良の歌から、秋を代表する花として有名になりました。

最後の朝顔は、奈良時代に朝に咲く花を、「朝顔」と呼んでおり、現代の「桔梗」を意味していると言われています。

スポンサーリンク

秋の七草で七草粥を食べる日は?

「春の七草」というと、1月7日に七草粥にして食べる事が有名ですよね。

由来はいろいろありますが、家庭では「お正月の暴飲暴食で疲れた胃を休ませる」と言う理由があると言っていませんか?

では、秋の七草は「夏バテで疲れた胃を休ませる」のでは?と考えがちですよね。

でも、秋の七草は萩や葛以外、食用としては扱われていません。昔は、薬草として扱われて「漢方薬」の原料として口にすることはありましたが、秋の七草粥として、食べることはありません。

秋の七草は、秋を代表する観賞用のものなんですよ。

新秋の七草

この万葉集の秋の七草は有名ですが、「新秋の七草」というのもあるんです。

これは、昭和初期に新聞社が、当時の著名な作家に、一つづつ秋をイメージする草花を選んでもらったものです。

  • コスモス(秋桜)  菊池寛
  • オシロイバナ(粉白花)  与謝野晶子
  • ヒガンバナ(彼岸花)  斎藤茂吉
  • シュウカイドウ(秋海棠)  永井荷風
  • ハゲイトウ(葉鶏頭)  長谷川時雨
  • キク(菊)  牧野富太郎
  • アカマンマ(赤飯/イヌタデ)  高浜虚子

私達でも知っている、著名人が選んだ草花と聞くと、なんとなくロマンチックですよね。

更に、1980年には、植物学者が選んだ新秋の七草というのもあるんです。

  • ホトトギス
  • ノギク
  • カルカヤ
  • ヒガンバナ
  • マツムシソウ
  • ワレモコウ
  • リンドウの花

選ぶ人や、その時代によって、秋の七草はいろいろあるんですね。

あなたも、お子様と一緒にご近所に咲く、「秋の七草」探してみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする