ミョウバン水の作り方500ml保存期間は常温でどのくらい?体臭予防効果

ミョウバン水スプレーの作り方

ワキガや足の臭いの予防で、効果があると言われている、ミョウバン水の作り方を紹介します。

ミョウバンで作った、ミョウバン水原液の保存期間や、体臭予防に効果的なミョウバン水の使い方も、あわせて紹介します。

汗の匂いが気になる季節です。みょうばん水を作って、臭い対策をしてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

ミョウバン水の作り方500mlの場合

ミョウバン水は、1.5~2リットルの大きなペットボトルで作る、作り方が多いですよね。。

でも、初めて作る時は、効果があるかどうか解らないのに、大量に作るのはちょっと不安です。

初めての時は、500mlのペットボトルで、お試ししてみてはいかがでしょう?

ミョウバン水原液の作り方

用意するもの

  • 500mlのペットボトル
  • 焼きミョウバン
  • 水道水
  • はかり(または計量スプーン)

作り方

  1. ペットボトルにミョウバンを15~20g入れます。(計量スプーンの場合は、大匙1.5~2杯)
  2. 水道水をペットボトルに入れて、蓋をしてよく振ります。
  3. 常温または、冷蔵庫で1~2日おいて、ミョウバンが溶けて透明になれば出来上がりです。

ミョウバンは、水にとけにくく、初めは上に浮いている状態です。早く使いたい時は、お湯に溶かすと早く溶けます。

お水は、水道水を使ってくださいね。ミネラルウォーターや浄水器の水には、塩素が入っていないので、腐敗が早くなってしまいます。

スポンサーリンク

ミョウバン水スプレーの作り方

ペットボトルに作った、ミョウバン水の原液を、10~20倍に薄めて、100均のスプレー容器などに入れて使います。

ごくまれに肌にあわない人もいますので、初めは20倍位に薄めて試してみて下さい。

ミョウバン水は、酸性ですので、傷がある場所につけると、しみて痛いので気をつけて下さいね。

ミョウバン水スプレーの使い方

ミョウバン水スプレーは、お風呂上りに、わきの下や足などの、匂いが気になる場所にスプレーします。

外出時も、汗や臭いが気になるときに、スプレーしてみてくださいね。

洋服に、ミョウバン水が飛び散るのが、気になる場合は、ティッシュなどにミョウバン水をスプレーしてから、気になる部分を拭くようにしてください。

ミョウバン水の保存期間は常温でどのくらい?

ミョウバン水の原液は、常温で3年程度持つといわれています。

しかし、肌に直接つけるものですので、あまり長く保存したものは、ちょっと心配ですよね。冷蔵庫に入れて、なるべく早く使い切るほうが安心です。

 

ミョウバン水は体臭予防以外に効果あり

ミョウバンは、水に溶けると酸性になり、臭いの原因菌を分解して、雑菌の増殖を抑制する作用があります。また、汗を抑える働きもあるんです。

汗を抑えて、汗の臭いの原因になる雑菌を減らすので、体臭予防に効果があると言われていんです。

ミョウバン水は、体臭予防の他にも、ニキビやあせも、アトピー性皮膚炎にも効果があると言われています。

入浴の時に、お風呂にミョウバン水の原液を、50~70ml入れると、スキンケアに効果がある入浴剤にもなるんですよ。

ミョウバンスプレーだけではなく、お風呂の入浴剤として使うと、さらに消臭効果もUPしますよ。

体臭が気になる時の食べ物の注意は、こちらで紹介しています。

よかったら、参考にしてみてくださいね。

ミョウバン水

ワキガや足の匂いが気になる時に、消臭剤として有名なミョウバン水ですが、消臭効果の他にも、洗濯物やカーテンの臭い取りや、スキンケアとしても使うことができます。

いきなり沢山のミョウバン水を作るのは、ちょっと不安ですよね。

500mlのペットボトルで、お試しに少しだけ作ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする