ニュータンタンメンのスープレシピで唐辛子も自作で調節簡単な作り方

元祖ニュータンタンメンイソゲン再現レシピ作り方

横浜・川崎のソウルフード「元祖ニュータンタンメン」。たまに、無性に食べたくなるんですよね。自宅で作ってみたいな~と思いませんか?

クックパッドなどでも、再現レシピが紹介されていますよね。今回は、我が家流だけど、簡単に作れる、ニュータンタンメンの作り方を紹介します。

自分で作る時の、こだわりの唐辛子や麺も、こっそり教えますね。これだけ押さえれば、本当に簡単に作れるんですよ!

スポンサーリンク

ニュータンタンメンを自宅で作るスープレシピ

クックパッドを検索すると、いろいろとこだわった作り方がありますが、材料を揃えるのも大変ですよね。

今回は、少ない材料でも作れる、作り方を紹介します。材料は少ないけど、結構本格的なお味に仕上がります。

材料

  • 豚ひき肉・・・100g
  • ニンニク・・・1片~
  • お酒・・・大匙1
  • ウェイパー・・・大匙1
  • 韓国唐辛子(粗引)・・・大匙1~
  • 卵・・・1個
  • 麺・・・1玉

韓国唐辛子は、大匙1でお店の「普通」くらいの辛さです。お好みで調節してみてくださいね。

作り方

  1. ニンニクは、庖丁で叩いてから、粗いみじん切りにします。
  2. 麺を別のお鍋で茹でます。
  3. お鍋に水500ccを入れ、沸騰したらひき肉とお酒を入れます。
  4. ひき肉が固まりにならないように崩して、ニンニクとウェイパーを入れます。
  5. スープのアクを取り、唐辛子を入れます。
  6. 最後に、ときほぐした卵を入れれば、スープの出来上がりです。
  7. 別茹でした麺の上にかけて、お好みのトッピングをして下さいね。

今回は、生のニラをトッピングしました。

お好みで、ごま油を数滴入れてもいいと思いますが、味がちょっと変わっちゃう感じがしますので、私的にはおすすめしません。お好みでどうぞ。

スポンサーリンク

ニュータンタンメンにおすすめの唐辛子と麺

ニュータンタンメンを作る時に、絶対にこだわって欲しいのが、唐辛子と麺です。

唐辛子は、必ず韓国唐辛子を使ってくださいね。日本の一味唐辛子を使うと、辛くて食べられませんよ。

麺は、必ず太麺です。普通の中華麺ではダメです!

ちゃんぽん麺を使うという方もいるようですが、私がおすすめするのはコレ!

ニュータンタンメンこだわりの材料

上の「つけ麺専用中華麺」です。一番、お店の麺に近いかなと思います。

今回、ニンニクはチューブの物を使いました。チューブのニンニクを使う時は、すりおろしタイプよりも、写真右のみじん切りタイプがおすすめです。

この、唐辛子と麺をこだわると、かなりお店に近い味になります。

ニュータンタンメン自作で辛さやニンニクの量もお好みに

自分で作ると、辛さやニンニクの量も調節できので、いいですよね。

このレシピだと、だいたいお店のメニューの「普通」くらいの辛さですが、初めて食べる人は、見た目に辛そうと思うかもしれません。唐辛子を少なめにして、味見をしてから唐辛子を追加してた方が安心ですね。

ニンニクの量も調節できますが、ニンニク抜きだと、ニュータンタンではなくなってしまいます。ニンニク必ず入れて下さいね。

ニュータンタンは、ニンニク・唐辛子・卵が掟ですよ!

私がおすすめのニュータンタンのお店はこちら↓

よかったら、覗いてみて下さいね。

ニュータンタンメン再現レシピ

いろいろと、ニュータンタンメンのこだわりを書いてみましたが、結局のところ、自宅で自分好みの、ニュータンタンメンを作ってみて下さいね。ということでした。

元祖ニュータンタンメンイソゲンの再現レシピです。よかったら、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする