とうもろこしの美味しいゆで方はレンジで何分?皮付き、ラップでもOK

とうもろこしのゆで方レシピ

とうもろこしを、お湯でゆでるのって、面倒じゃありませんか?

それなら、レンジでチンしてしまうのはどうでしょう?お湯を沸かす手間もないので、簡単ですよね。それに、お湯で茹でるよりも、レンジでチンした方が、甘みがあり、栄養もしっかり残るんですよ。

とうもろこしのレンジで、皮ごと茹でる方法と、ラップに包む方法の、チンする時間について紹介しますね。

スポンサーリンク

とうもろこしのゆで方 レンジでも美味しくできる?

トウモロコシをレンジでチンするって、なんか手抜きみたいで、ちょっと抵抗があったんですよね。手抜きして、美味しいハズがないって思っていたんです。

ところが、時間がないときに、試しにレンジで茹でてみたら、これが甘くて美味しいんですよ。もう、ビックリ!

お湯を、沸かす手間も、大きなお鍋を用意しなくていいから、本当に楽チン!

だまされたと思って、試してみてね。

とうもろこしをレンジでチン 皮付きの場合は何分?

とうもろこしは、皮を剥いた時点で、鮮度がどんどん落ちてしまうので、皮付きのまま、茹でた方が、おいしいんですよ。

皮付きで、レンジでチンする時は、500W~600Wで、4~5分位です。

とうもろこしの甘い香りが強くなってきたら、出来上がりです。

すぐに食べない時は、皮を剥かないで、冷めてから皮を剥くと、粒がシワシワになりません。

スポンサーリンク

とうもろこしをレンジでチン ラップで巻いた時は?

皮付きのまま茹でるのは、ちょっと抵抗がある場合は、ラップで巻いてレンジをかけます。

ラップをする時は、必ず1本づつ、きっちり巻いてくださいね。

皮は、全部剥いてしまってもいいのですが、出来れば最後の一枚は皮を残して、ラップをした方が、美味しいですよ。

こちらも、500W~600Wで、4分~5分レンジをかけます。元の方が生の時よりも、少し柔らかくなってきたらOKです。

粒がシワシワにならないように、ラップをしたまま冷まします。

とうもろこしの皮はお店で剥かないで

とうもろこしの皮って、ゴミになるからお店で、皮を剥いてしまうことってありませんか?

とうもろこしは、皮を剥くと、どんどん鮮度が失われてしまいます。

また、買って来たとうもろこしは、すぐに茹でることが、美味しく食べるポイントです。皮ごとレンジでチンするだけなら、買ってきて、すぐに出来ますよね。

とうもろこしを買ってきたら、「レンジでチン!」是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする