赤ちゃんの髪の毛を記念に残す胎毛筆に必要な毛の量と値段は?

赤ちゃんが生まれた時の胎毛は、一生に一度だけのものです。胎毛は記念に、大切にとっておきたいですよね。

赤ちゃんの産毛で、胎毛筆を記念に作ってみてはいかがですか?

胎毛筆は、昔ながらの、桐箱に入った筆や、現代風なインテリアとして飾れるタイプのものなど、種類も豊富になりました。

胎毛筆を作る時の、赤ちゃんの髪の毛のや長さ、赤ちゃんの髪の毛が薄い時やくせ毛の時の対処法、筆の値段など、赤ちゃん筆の紹介をします。

スポンサーリンク

赤ちゃんの髪の毛を記念に残したい

赤ちゃんが生まれた時の胎毛にだけ、存在するのが「毛先」なんです。

1度でも、髪の毛にハサミを入れてしまうと、この毛先はなくなってしまうんです。

生まれた時の産毛にしかない毛先を、記念に残すために、産毛を筆として、記念に残すのが「胎毛筆」です。

胎毛筆は、赤ちゃんの頭脳明晰・健やかな成長を願って、昔から作られていたものなんですよ。

一生のうち、1度しか作ることが出来ない、胎毛筆を作ってみてはいかがですか?

本来なら、両親から子供に贈る物ですが、我が家では、主人の両親にプレゼントしました。

出産祝いのお返しを兼ねての贈り物でしたが、とても喜ばれました。

主人の両親からは、一生に一度しか作れない胎毛筆を、自分達に託されたことが、とても感動したと後から聞きました。

赤ちゃんの髪の毛で胎毛筆を作る時に必要な毛の量

昔ながらの、桐の箱に入った、ちょっと太いタイプの筆を作る時は、5cm以上の長さと、束にした時に、鉛筆位の太さが必要です。

最近では、赤ちゃんの短い髪の毛でも作れる、小筆のタイプも人気があります。

これですと、長さが3cm以上、束にして直径6ミリ程度で作ることができます。

赤ちゃん筆 メモリアルカプセルDタイプ
価格:16200円(税込、送料無料)

赤ちゃんが、くせっ毛の場合も、「火のし」という作業で、髪の毛をまっすぐにしてから、筆を作るので、心配はありません。

赤ちゃんの髪の毛が少ない場合は、お店によって対応が違うようですので、お店に確認してみる必要がありますね。

お店によっては、髪の毛が少ない場合、細い筆になってしまうところと、他の髪の毛をプラスして太くするところがあるようです。

私が胎毛筆を作る時に、お店の人の説明では、他の髪の毛をプラスする方法は、2種類あるそうです。

  • お母さんの髪の毛を芯にして、外側に胎毛をつける方法
  • もう1度赤ちゃんの髪の毛を伸ばし、2回目の毛を芯にして、外側に胎毛をつける方法

これなら、髪の毛が少なくて、筆が作れないということも、ありませんね。

スポンサーリンク

赤ちゃんの髪の毛で作る胎毛筆のお値段は?

胎毛筆を作る金額は、7,000円~50,000位と、筆の種類やデザインによって、お値段に幅があります。

一般的には、10,000円~20,000円くらいの物を、選ぶ方が多いようです。

立派な桐の箱に入れて、しまっておくよりも、可愛いデザインで、飾っておける物の方が良いと思います。

気に入ったデザインの物を、選ぶといいですよね。

まとめ

胎毛筆は、赤ちゃんの胎毛で、一生に一度しか作ることができません。

後から、作っておけばよかった・・・と、後悔しないように、この機会に、赤ちゃんの胎毛筆を、作ってみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする