カブトムシの餌の代用品と飼育ケースの大きさや土がないとき

かぶと虫の飼育代用品

カブトムシやクワガタ貰ったけど、飼育するセットがない!とか、旅行先で捕まえた、カブトムシを持って帰るのに、どうしたらいいんだろう?

100均に買いにいく時間もない・・・。そんな時、家庭にあるもので、代用できるものを見つけて、2~3日しのぎたいですよね。

我が家でやっている、家にあるもので代用する、臨時カブトムシ飼育セットを紹介します。

スポンサーリンク

カブトムシの餌の代用品

かぶと虫の飼育にかかせない、昆虫ゼリー

この代用品は、バナナやリンゴを切り、お弁当用のアルミカップに入れます。

バナナやリンゴがない場合は、うすい砂糖水をティッシュに含ませて、アルミカップに入れます。

また、子供用のカップに入ったゼリー(昆虫ゼリー位の大きさ)も、食べるそうです。

カブトムシの飼育ケースの大きさ

100均に売っている、虫かご位の大きさの箱に入れます。

ない時は、子供の砂遊び用のバケツや、大きめのカップヌードルのカップでも大丈夫です。

蓋の変わりに、網や雑誌などを載せておきます。

我が家ではよく、リポビタンDの10本入りの箱で代用しています。

密封しないような、工夫をしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

カブトムシのつちの代用品

農薬がかかっていない、腐葉土があれば、よいのですが、これもなかなか、いつもあるご家庭は少ないですよね。

その場合、新聞紙をちぎって、ケースの底5cmくらいまで敷き詰め、霧吹きで一吹きだけ、水をかけ、軽く湿らせ飼育マットの代わりにします。

即席、カブトムシ飼育セット

これは、あくまで臨時の代用品です。カブトムシの餌や飼育ケースは、100均で揃えられます。

なるべく早く、本当のお家にカブトムシを移してあげてくださいね。

我が家では毎年、数匹のカブトムシがベランダに飛んできます。

残念なことに、家族の中には、カブトムシを喜ぶ年頃の子供がいないんです。

知り合いのお子さんに、カブトムシを差し上げているのですが、すぐに届けられないときの、臨時カブトムシ飼育セットです。

よかったら、試してみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする