汗かきの臭いを減らす食べ物と体臭の原因と対策方法

汗をかく季節、汗の匂いが気になりませんか?

デオドラントグッズで、対策をするのはもちろんですが、普段の食事でも、体臭を減らせるって知っていますか?

毎日食べる食事で、ちょっと気をつけるだけで、汗の臭いが改善できるなら、簡単ですよね。

汗の匂いが気になる季節に、積極的に食べたい食べ物と、体臭の原因になりやすい食材や、日常的にできる、体臭予防のための生活習慣について、紹介します。

スポンサーリンク

汗の臭いを抑える食べ物

体臭を減らすには、腸内環境を整えることが大切です。

腸内環境を活発にするための、代表的なものといえば、食物繊維と乳酸菌ですよね。

その他に、植物油や酢なども、体臭を減らすために良い食材なんです。

どれも、毎日の食事に取り入れやすい食べ物ですよね。

食物繊維を含む食材

食物繊維は、野菜やきのこ類、海藻類に多く含まれています。

特に、めかぶやもずくなどの、海藻のヌルヌル成分は、「フコダイン」といい、腸の中にある臭い成分を、包んで体外に排出する働きがあります。

体臭だけでなく、口臭にも効果があるといわれています。

乳酸菌を含む食材

乳酸菌というと、ヨーグルトを思い浮かべますよね。

でも、乳酸菌は乳製品だけではないんです。

普段の食事に取り入れやすい、乳酸菌を含む食材は、納豆・味噌・漬物・塩麹などの発酵食品です。

味噌や醤油など、発酵食品は、毎日の食事で食べている食品ですよね。

植物油

オリーブオイルに含まれるオレイン酸や、えごま油・シソ油・ゴマ油などに含まれるα-リノレン酸は、血液の流れを良くし、皮膚の酸素不足が原因の、臭う汗を抑える効果が期待できます。

α-リノレン酸は、熱に弱いので、加熱調理には向きません。

サラダのドレッシングや、冷奴などにかけて食べてみてくださいね。

酢(クエン酸)

お酢には、殺菌作用があり、腸内の有害細菌を減らし、腸の活動を活性化させる働きがあります。

毎日、大さじ1杯程度のお酢を、料理に使うだけで、汗の匂いを減らす効果あります。

お酢の他に、クエン酸が含まれる、レモンなどの柑橘類や梅干などの、酸っぱい食材も、適度に食事の時に取り入れたいですね。

スポンサーリンク

汗の体臭予防に気をつけなければいけない食事方法

体臭予防のために、普段の食事で気をつけることは、動物性のたんぱく質や、揚げ物などを食べ過ぎないことが大切です。

肉や揚げ物を食べ過ぎると、体臭の原因になる脂肪酸脂質を増やす原因になってしまいます。

また、動物性のタンパク質は、腸の中の悪玉菌の栄養になり、体臭の原因になります。

動物性たんぱく質の、食べすぎには注意が必要です。

その他にも、塩分や糖分の取り過ぎや、香辛料や臭いの強い食材、食品の添加物を過剰に摂取することも、体臭の原因になります。

汗の体臭対策のための生活習慣

不規則な生活やたばこ・アルコールも体臭に影響があります。

汗の臭いを減らす食材を取り入れても、食事が不規則だったり、早食いではいけまん。

体臭を減らす食材は、発酵食品や食物繊維を含む野菜など、和食中心の食事にすると、簡単に毎日食べることができますよね。

朝の食事を、わかめ入りのお味噌汁や納豆などの、和食にしてみてはいかがでしょう?

また、夕食のお肉や揚げ物の量を減らして、豆腐や大豆製品などの、植物性のタンパク質を食べることも、毎日の食事に取り入れやすいですよね。

料理のときに、出汁を上手に使えば、出汁の旨味で、塩分や糖分も少なくすみます。

規則正しい食生活と、和食中心の献立で、汗の臭いを少なくする効果が期待できます。

汗の匂いが気になるこの季節、毎日食べる食事を、ちょっと工夫して、体臭予防をしてみてはいかがでしょう?

汗の臭いを押さえる、ミョウバン水の作り方はこちらで紹介しています。

よかったら、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする