横浜ふれーゆ裏で小イワシ釣りで大漁!釣れるポイントと仕掛けや釣果は?

6月中旬、ふれーゆ裏(末広水際線プロムナード)で、シコイワシを釣りました。

短時間の釣りでしたが、イワシが入れ食い!で、大忙しです。

釣れた時間や場所などを詳しくお伝えしますね。

ふれーゆ裏に釣りに行こうかな?という方は、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

急に思い立って、ふれーゆに釣りに行くことになりました。

釣り場に着いたのは、夕方の4時ちょっと前です。

この時期、何か青魚が回遊してくるかな~と思って、近所のキャスティングで、小さいコマセ(250円)を買ってサビキでも・・・と思っていました。

4時頃でも、明るいので家族連れの人が沢山いました。

ふれーゆ裏でサビキ釣り 6月中旬に何が釣れた?

隣の人に、「何が釣れてますか~?」と聞いてみると、シコイワシが釣れているらしい。

本当は、かごを付けてスキンサビキをする予定でしたが、私だけ急きょトリックサビキに変更しました。

こんな道具ね。↑ ↑ ↑

青い船のようなエサ入れにコマセを入れて、直接針に餌を擦り付けます。

手があまり汚れないので、私は好きなんですが、主人はかごに餌を入れないと釣れる気がしないらしく、普通のサビキ仕掛けで釣っていました。

で、釣り始めるて、4時半頃にイワシが入れ食い状態に!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まるふじ(Marufuji) PW51S 改良トリック 朱塗 3号
価格:346円(税込、送料別) (2017/6/15時点)

今回使った仕掛けは↑↑↑

針が10個ついているので、絡まりやすいです。

お子さんが使うなら、針が少ない物を選んであげるといいですね。

カタクチイワシがサビキ釣りで入れ食い!

魚が小さいので、写真で見づらいのですが、すべての針にイワシがついて鈴なり状態です。

仕掛けを海に入れると、底に着く前にもう釣れちゃうんです。

こんなに釣れたら、お子さんも大喜びですよね。

結構小さいお子さんも、お父さんに手伝ってもらってホイホイ釣っていましたよ。

途中から、人が集まってきて、釣り人が密集状態になってしまいました。

サビキ釣りの場合、密集すればするほど、エサが多く撒かれるので、魚が集まってくるんですよね。

どんどん釣れるので、途中から餌を付けないで、針だけで釣っても、釣れちゃう状態でした。

スポンサーリンク

イワシが入れ食いになった時間と釣れた場所は?

イワシが入れ食いになったのは、夕方4時半~5時半くらいの1時間程度でした。

釣れた場所は、釣り場の入り口付近から、海に向かって左側50mくらいの間に集中していました。

この日、釣り場に着いた時間、かなり強い風が吹いていて、この場所は特に風あたりが強いので、先にいた方たちは、この場所を避けていたようなんです。

私達がついた時は、この場所しか空いていなかったのですが、イワシが釣れ始めた頃には風も落ち着いてきたので、良かったです。

ふれーゆ裏でシコイワシの釣果は?

1時間位の入り食い状態の後は、ピタッと釣れなくなったので撤収!

2人で釣ったイワシの数は・・・う~んと、150匹くらいかな?

100匹までは数えたのですが、面倒になって数えるのを辞めちゃいました。

沢山釣れて、すごく楽しいんですけど、困るのが釣った魚の処理なんですよね。

2人がかりで1時間以上かかっちゃって、当分イワシは釣らなくていいかな~と、うんざり気味です。

この他にも、子供連れで行ける安全な釣り場を紹介しています。

こちらも、見てみて下さいね。

イワシのサビキ釣り、我が家の教訓!

この日の夜は、当然イワシの刺身、次の日の朝はイワシのつみれ汁、夜はイワシの天ぷらさらに、残った天ぷらでイワシの天丼と、延々とイワシ料理が続いた我が家でありました。

入れ食い状態になっても、魚は釣り過ぎてはイケナイ!

食べられるだけ、釣りましょう。

と、反省しました。

でもね、入れ食い状態の途中で、釣りを辞めるなんて出来ないですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする