おかわかめの食べ方、おひたしの味や栄養と実食レビュー!

おかワカメの食べ方

おかわかめって、たまにスーパーで見かけますよね。

でも、実際に食べた事がなくて、どんな味がするんだろう?と思っていました。

今回、おみやげでおかわかめを頂いたので、一番簡単な「お浸し」にして食べてみました。

その他にも、どんな食べ方があるのか、どんな栄養があるのか?調べてみました。

さて?珍しいおかわかめ・・・どんな味がするのでしょう?

スポンサーリンク

おかわかめの食べ方

おかわかめは、生でも食べられますが、生でちょっと食べてみたら、結構苦みがありました。

一般的には、10秒くらい茹でてお浸しにして食べる事が多いようです。

その他に、お味噌汁に入れても美味しいそうです。

パッケージには、炒め物や天ぷらもオススメと書いてありますが、実際に食べてみると、私的には天ぷらはありかな?という感じです。

おかわかめのおひたしのお味は?

さっと茹でて刻むと、モロヘイヤより少し弱いくらいのネバリが出ました。

茹でると嵩が減ってしまうので、一袋茹でても家族でちょっとお味見程度の量になってしまいました。

おかわかめレシピおひたし

ちょっとヌルっとした感じで、見た目はわかめのような感じですよね。

さて、お味の方はというと・・・

「ツルムラサキ」の味と似ています。

ちょっと苦みがあって、ぬるっとした感じです。

苦みが好きな人は、はまる感じですが、ツルムラサキや春菊の苦みが苦手という人は、ちょっとダメなお味かもしれませんね。

私は、比較的苦いものが好きなので大丈夫ですが、息子はちょっと食べられない・・・と、はっきり好みが分かれるお味だと思います。

今回は、おひたしで食べましたが、モロヘイヤと食感が似ているので、天ぷらで食べても美味しそうです。

次に食べる機会があれば、天ぷらはぜひ挑戦してみたいと思います。←自分では買わないと思う。

スポンサーリンク

おかわかめの栄養

おかわかめは別名、雲南百薬(うんなんひゃくやく)と呼ばれていて、栄養価がとても高い野菜です。

特にマグネシウムが多く含まれていて、レタスの8倍も含まれています。

その他にもカルシウム・亜鉛・銅を多く含み、ベータカロチンや葉酸など体に必要な栄養がいろい含まれています。

効用は、血液サラサラ効果・貧血・生理痛・糖尿病・白内障などに効果があると言われています。

百薬と言われるだけあって、健康によさそうな栄養が沢山含まれいますね。

さいごに

最近、スーパーでも見かける「おかわかめ」、どんな味かな~?と気になっていました。

実際に食べてみると、ツルムラサキに似てちょっと苦みがあり、茹でるとモロヘイヤのようなぬめりが出ます。

独特な苦みで好き嫌いがあると思いますが、苦みが大丈夫な方は、ぜひ挑戦してみて下さいね。

「雲南百薬」というくらいですから、栄養はバッチリですよ。

どんなお味かな?と言う方は、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする