れんこんの穴が黒いけど食べられる?洗い方と変色を防ぐ方法と原因

レンコンの灰汁抜き方法

スーパーで買って来た蓮根の穴が黒くなっている時ってありますよね。

これって、食べられるの?と、ちょっと心配になっちゃいます。

今回は、れんこんの洗い方から、黒く変色する原因や変色を防ぐ方法を紹介します。

れんこんの穴が黒くなっているからと、心配しなくても大丈夫ですよ。

我が家でよく作っている、簡単蓮根レシピも紹介しますね。

スポンサーリンク

れんこんの穴が黒いけど食べれるの?

スーパーで買って来たれんこんの穴って、黒いものと白いものがありますよね。

黒くなっている物は、食べても大丈夫なの?と疑問に思ってしまいますが、食べても大丈夫ですよ。

れんこんの穴が黒くなる原因は、収穫の時に蓮根の中に泥が入ることがありますが、それはまれなことで、ほとんどの場合、蓮根のアクや、蓮根に含まれるポリフェノールの一種のタンニンが原因なんです。

れんこんの穴の洗い方

れんこんの穴の中に、あきらかに泥が入っている場合は、菜箸にキッチンペーパーを巻いたり、綿棒などで擦るように洗うと綺麗になります。

でも、泥ではなくアクやタンニンで黒くなっている場合は、そんなに神経質に洗わなくても大丈夫ですよ。

どうしても気になるようなら、綿棒などでこすると綺麗になりますが、面倒ですよね。

スポンサーリンク

れんこんの変色を防ぐ方法と原因

レンコンって、切った後に切り口が黒っぽくなったり、紫色に変色してしまうことがあります。

これは、れんこんに含まれるタンニンが、金属に反応したり、アクが出て変色しまうんです。

れんこんを切る時は、アルミかプラスチックのボウルに、れんこんが浸る程度の水をはり、お酢かレモン汁を小匙1~2程度入れて酢水を作っておきます。

皮を剥いて切った順に、酢水につけていけば変色することを防ぐことができます。

お料理をする時に、酢の臭いが気になるようなら、軽く水で洗い流して使えば大丈夫ですよ。

れんこんをホクホクの煮物にしたい時は、あまり酢水に長くつけておくとホクホク感がなくなりますので、注意して下さいね。

炒め物やフライにする場合は、あまり気にしなくても大丈夫です。

れんこんは、料理に使うとどうしても変色してしまいます。

甘酢漬けや蓮根なますなど、どうしても真っ白に仕上げたい時には、お湯に酢を入れて茹でると真っ白に仕上がりますよ。

茹で方は、たっぷりのお湯に5%程度のお酢を入れて、沸騰したられんこんを入れて茹でます。

さっと茹でた後に、お湯をきり冷水に入れて冷ますと、真っ白なれんこんに仕上がります。

お酢で茹でたれんこんは、甘酢漬けなどにすると美味しいですが、我が家ではよく、マヨネーズとたらこをあえて食卓に出します。

レンコンのたらこ和え作り方

タラモさらだの蓮根バージョンのような感じです。

蓮根というと、煮物や天ぷらなどのイメージがありますが、茹でてサラダ感覚で食べても、シャキシャキして美味しいので、よかったら作ってみて下さいね。

残ったレンコンの冷凍方法も紹介しています。

こちらも、参考にしてみて下さいね。

さいごに

スーパーで売っている、蓮根の水煮は真っ白なので、生の蓮根を買ってきて、変色してしまうと食べても大丈夫?と、心配になっちゃいますよね。

でも、大丈夫ですよ。

変色が気になる場合は、漂白作用のある酢を上手に使えば変色を防ぐことができます。

これから、蓮根も美味しい季節ですね。

いつも水煮のれんこんを使っている・・・という方も、ぜひ生の蓮根を使って料理をしてみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする