衣替えの黄ばみの落とし方は襟汚れは重曹を使って落ちない汚れは煮る方法で

シャツの黄ばみ汚れの落とし方

衣替えの季節ですね。昨年しまった衣類を、出してみると、黄ばんでいたことって、ありませんか?

仕舞う前に、ちゃんと洗濯したはずなのに、なぜ黄ばんでしまったのでしょう?

黄ばみの原因と、黄ばんだ衣類を、家庭で落とす方法、煮洗いの方法を紹介します。

スポンサーリンク

衣替えで黄ばみを発見 家庭でできる落とし方

黄ばみの原因は、洗濯で落ちなかった、繊維の中の皮脂汚れなんですよ。

見た目は、綺麗になっていても、繊維の中に残った汚れが、時間と共に化学反応を起こして、黄ばんでしまうんですね。

1度黄ばんでしまった衣類は、洗濯機で洗っても、落ちませんよね。

でも、あきらめないで!

黄ばんでしまった衣類も、家庭で簡単に漂白することができるんです。

重曹を使った、簡単な衣類の黄ばみとりの方法と煮洗いの方法を紹介しますね。

(色柄物は、色落ちの可能性があります。)

襟汚れの黄ばみの落とし方

白いワイシャツの襟の黄ばみ、気になりますよね。

ゴシゴシと擦りすぎると、衣類を傷めてしまいます。

襟の黄ばみは、重曹と酸素系漂白剤で、簡単におとせるんです。

用意するもの

  • 重曹(100均の重曹で十分です)
  • 酸素系漂白剤(ワイドハイターなど顆粒の方が良く落ちます)
  • アイロン(スチームがでるもの)

アイロンがない場合は、ドライヤーでも代用できます。

漂白剤は必ず、「酸素系」の物を使います。

作ったペーストは、半日程度しか効果がありませんので、作り置きは出来ません。

襟の黄ばみの落とし方

  1. 重曹と酸素系漂白剤を、1:1の割合で混ぜます。
  2. 40℃のお湯を少しづつ入れて、ペースト状になるまで練ります。
  3. ワイシャツをあらかじめ水で濡らしておき、黄ばんだ箇所にペーストを塗ります。
  4. ペーストを塗った上から、アイロンのスチームかドライヤーの熱風を10秒程度あてます。(アイロンが直接衣類につかないように注意!)
  5. ペーストを軽く洗い流し、通常通り洗濯機で洗います。

黄ばみは重曹に漬け置き それでもダメなら煮る

全体的に、黄ばんでしまった場合は、重曹(大さじ1)と酸素系漂白剤(大さじ1)を、40度程度のお湯(1リットル)で溶かしたものに、1時間程度付け置きすると、漂白することができます。

それでも、落ちない黄ばみは、お鍋で煮る「煮洗い」で落とします。この方法は、綿やポリエステルには有効ですが、デリケートな衣類には向きません。

スポンサーリンク

用意するもの

  • 酸素系漂白剤
  • 洗濯洗剤
  • お鍋(アルミ製の物は変色するので使えません)
  • 割り箸

漂白剤は、必ず酸素系を使います。

煮て黄ばみを落とす方法

  1. 大きめのお鍋に2リットルの水を入れ、酸素系漂白剤(小さじ1)と洗濯洗剤(小さじ2)を溶かします。
  2. 洗剤液の中に、しっかりつかるようにシャツを入れます。
  3. 鍋を火にかけ、10~20分(汚れ具合による)沸騰しないように、弱火で煮ます。
  4. 途中、割り箸で軽くかき混ぜ、火をとめたら、そのまま20分程度置きます。
  5. シャツを水で軽く洗い(熱いので火傷に注意)、洗濯機で通常通り洗います。

洗濯物が熱くなりますので、やけどには十分注意して下さいね。

衣類を、お鍋で煮るというと、ビックリするかもしれませんね。

これは、「煮洗い」と言う洗い方なんですよ。漂白剤の他に、重曹を使った煮洗いの方法もあります。高温で殺菌効果もあるんですよ。

高温になるので、おしゃれ着などは、避けたほうが良いですが、ワイシャツなどは、洗濯表示を確認して、試してみて下さいね。

使った鍋は、食器用洗剤で十分洗えば、料理に使っても大丈夫ですが、気になるようなら、古いお鍋を使ってくださいね。

衣替えの上手なしまい方を紹介しています。よかったら参考にしてみて下さいね。

衣替えの衣類は、汚れを落としてから仕舞いましょう

黄ばんでしまった衣類は、重曹と漂白剤を使って、家庭でも落とすことができます。

でも、黄ばはないように、衣替えで衣類を仕舞う前に、重曹と漂白剤に漬け置き洗いをすることで、次の年に、黄ばまないようにすることも、大切ですよね。

重曹を使った、黄ばみ汚れを落とす方法、よかったら、試してみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする