あんかけ料理のとろみがなくなる。復活させる方法とあんの冷凍保存

161003-b

忙しくてお料理ができない時のために、手作りのお惣菜を冷凍しておくと便利ですよね。

でも、片栗粉でとろみをつけたお料理を解凍してみたら、とろみがなくなってしまうことってないですか?

今回は、冷凍したらとろみがなくなってしまった時の、とろみの復活する方法と、解凍したお料理を美味しく食べるための冷凍のコツについて紹介しますね。

スポンサーリンク

あんかけ料理を冷凍するととろみがなくなる?原因は?

せっかく片栗粉でとろみをつけたお料理を、解凍したらビシャビシャになっていたらガッカリですよね。

原因は、冷凍した野菜などから出た水分や、冷凍前のあんの加熱が足りないことが原因の事があります。

また、冷凍や解凍する時の温度にも原因があります。とろみを壊す働きは、-4℃~0℃の間におこります。

急速冷凍や急速解凍で、このとろみを壊す温度の時間を短くするといいそうです。

しかし、ご家庭で冷凍する時は、急速冷凍にも限界があるので、理屈で解っていても難しいですよね。

スポンサーリンク

あんかけのとろみを復活させるには?

解凍したあんかけ料理を温め直しても、あんのとろみは復活しません。

再度、水溶き片栗粉でとろみをつけ直してくださいね。

その時、煮汁が薄まるのが嫌な場合は、水で溶かなくても良い片栗粉もあります。

水で溶かずにとろみをつけられるので、味が薄まる心配がなくていいですよね。

大手スーパーでも売っています。

あんかけ料理のあんを冷凍保存するには?

ご家庭で、あんかけ料理を冷凍するのは、なかなか上手にできませんよね。

そんな時は、汁にとろみをつけずに冷凍してしまうと便利ですよ。

ちょっと手間かもしれませんが、汁ごと冷凍することで、食材に味が染み込み、解凍して食べる直前に片栗粉でとろみをつければ、出来立てのように美味しく仕上がります。

あんかけ料理

あんかけ料理は、あつあつトロトロが美味しいですよね。

お料理を作り置きして、冷凍する時は、一手間かけて、食べる直前にとろみをつければ、上手にとろみをつけることができますよね。

ちょこっと面倒ですが、忙しくても美味しいお料理を、家族に食べさせてあげたいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする