年末大掃除はいつから始める?計画の立て方のコツや順番は?

年末大掃除の計画の方法

お仕事をしていると、年末の大掃除って大変ですよね。

年末に仕事が終わり、お休みに入ってからやろうと思っても、疲れているし、掃除以外にもやる事は一杯です。

いつも、お休みに入ってから、バタバタと過ごして、大掃除が憂鬱になっていませんか?

今年は、ちょっと早めに大掃除を始めて、年末はゆっくりとお正月の準備をしてみてはいかがでしょう?

ちょっと早めに始める、年末大掃除の予定を立てるコツやご主人に手伝ってもらうコツ、お掃除する場所や順番について、我が家流の大掃除方法を紹介しますね。

スポンサーリンク

年末の大掃除はいつから始める?

私は、お掃除が苦手なので、1度に済ませようと思うと、うんざりしてしまいます。

そこで、11月末か12月の初めに大掃除を始めています。

早めに計画を立てることで、時間に余裕ができるので、年末に入って焦ることがなくなり、気持ち的にも楽になりますよ。

大掃除の計画を立てるコツは?

我が家の場合、主人の休みの日に合わせて計画を立てています。

大まかに

  • 網戸の日
  • 換気扇の日
  • 押入れの不用品を整理する日
  • リビングの蛍光灯を掃除する日
  • お風呂のカビ取りをする日

というように、決めます。実は、これ全部主人にやってもらう所です。

日にちは特に決めずに、お天気が良い日には、網戸掃除。お天気が悪い時は、換気扇の掃除などと、その日にお掃除をする所を決めます。

普段手の回らないような所は、一人ではやり難いので、主人に一緒にやってもらうようにしています。

主人が網戸の掃除をしている時に、カーテンを洗ったり、窓拭きをします。

換気扇の掃除をして貰っている間に、冷蔵庫のお掃除をします。

こうやって、夫婦で分担を決める時は、手の届かない所や大変な所だけ、ご主人に手伝ってもらうと、楽ですよね。

ご主人が大掃除を手伝ってくれないとイライラしますが、先にご主人に手伝ってもらう範囲を決めてしまうと、気分的に楽ですし、ご主人もここだけやれば文句を言われないと思って、しっかり手伝ってくれますよ。

計画をたてるポイントは、お休みの日の午前中に終わるようにするということです。

午前中の9時頃からお昼前に終わる量なら、ご主人も飽きずに終わらせることができますよね。

スポンサーリンク

大掃除のコツや順番は?

大掃除の順番のコツは、先にあげたご主人に手伝ってもらう所を先に終わらせることです。

反対に、トイレやキッチンのシンク周りなどは、早めに大掃除をしても、毎日の生活でまた汚れてしまうので、なるべく最後の方にやった方がいいですよ。

特に、お正月に来客があるご家庭なら、トイレ掃除や玄関周りなど、お客さんが目に付きやすい場所は、後の方で掃除した方がいいですよね。

お掃除する時は、上から下へ掃除していくと効率がいいですよ。

お部屋の電球から始めて、天井や壁のすす払い、タンスの上の埃取りというように、上の方から掃除をして、最後に床のお掃除をするようにします。

特に、座った時に、目の高さになるような場所は、綺麗にしておくと、お掃除しました感がUPしますので、念入りにお掃除しましょうね。

反対に、時間がない場合は、立った時に視線よりも高い場所は、後回しにしても目立ちませんよ。

年末のお休み前に、あらから大掃除を終わらせておけば、お休みに入ってから、いつもどおりに掃除機をかけるだけで済むので、年末の慌しい時に、掃除で時間をとられないので、気分的にも楽チンですよね。

年末の大掃除

主婦にとって、年末の大掃除は憂鬱なことですよね。

一人でやろうと思わないで、ご主人やご家族と計画的にお掃除をしてみてはいかがでしょう?

ご主人に手伝ってもらう最大のポイントは、ご主人を褒めることですよ。

「私がやるよりも、ずっと綺麗になった」と、褒めちぎると、また来年も快く手伝ってくれるようになります。

大掃除は、年末に1度にやろうと思うと大変です。早い時期から、少しづつ始めれば年末の負担も軽くなりますよ。

主婦だって、年末年始くらいのんびりしたいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする