ハゼ釣りの餌青イソメの付け方、虫餌がさわれない時の便利な道具は?

釣り餌の付け方

初めての釣りで、餌は何がいいか考えちゃいますよね。お値段もちょっと気になるところです。

一般的に、はぜ釣りに使われる餌は「青イソメ」という虫餌です。

この青イソメは、ハゼ釣りだけでなく、海釣りでもよく使います。

これから、釣りを始めるなら、ぜひ青イソメを針につける方法を覚えておいてくださいね。

また、虫餌はどうしても触れないという人に、便利なグッズも紹介します。

スポンサーリンク

ハゼ釣りの餌は?お値段は?

ハゼ釣りで、良く使われる餌は青イソメですよね。

ゴカイやジャリメを使う方もいますが、餌の付け方は同じですので、虫餌の付け方を覚えておいてくださいね。

アオイソメは、釣具やさんや釣り餌やさんで売られています。釣り場によっては、パックに入って自動販売機で売っている所もありますよね。

だいたい、1パックは50gくらい入って、500円前後です。

初めて買う時は、アオイソメ50gってどのくらいの量なんだろう?と思いますよね。

釣り初心者さんが、家族で4人で1日中ハゼ釣りをするなら、十分な量です。

我が家のように、2~3時間程度しか釣りをしない場合は、かなり余りますよ。

50gでは多すぎるという方は、アオイソメを計り売りしてくれるお店も結構ありますよ。

計り売りしてくれるお店では、だいたい10g100円前後です。

我が家の場合は、「キャスティング」という釣具のチェーン店で、いつもアオイソメを量り売りしてもらって、買っています。

2時間くらいのハゼ釣りなら、10~20gくらいを買っています。

釣り道具を買いに行った時に、餌の量り売りをしているか、確認しておくといいですね。

釣り餌 青イソメの付け方の動画

ミミズのような、アオイソメ。買ったはいいけど、付け方がわからないという方も多いですよね。

わかり易い動画がありましたので、シェアしますね。

出来そうですか? 初めは、気持ち悪いかもしれませんが、挑戦してみてくださいね。

すぐに慣れてしまいますよ。

アオイソメを触ると、結構手が臭くなります。バケツに川や海の水を汲んでおいて、毎回手を濯ぐようにしたほうがいいですよ。手を拭く、古タオルなども用意しておいて下さいね。

スポンサーリンク

釣り餌がさわれない。えさ付け器ってないの?

釣り餌の虫がどうしても触れないという方もいますよね。

ハゼ釣り餌の代用品は、こちらで紹介しています。⇒ 釣り餌の虫が苦手、虫以外でハゼ釣りの餌の付け方と代用品

代用品でも、ハゼは結構釣れますが、海釣りになるとそうもいきません。

ゴム手袋を用意すると言う方もいますが、実際海釣りで、ゴム手袋をして釣りをしていたら、ちょっと格好悪いですよね。

ゴム手袋の代わりに、左手の人差し指と親指に、事務用の指サックをつけてみてはいかがでしょう?

これなら、目立たないので、回りの人から見ても解りませんよね。

それでも、どうしてもアオイソメに触れないという方は、こんなグッズもあります。

これなら、釣り餌に触れなくても、大丈夫ですね。

釣り初心者さんの記事を特集しました。

よかったら、こちらも見てみて下さいね。

釣り餌を針に付けるのは難しい?

釣り餌を針に付けるのは、難しくありません。

ただ、始めて虫えさを触るときは、ちょっと抵抗があるかもしれませんね。

ここは、一つお父さん頑張って、青イソメに挑戦して、家族にカッコいいところ、見せてあげて下さいね。

頑張って!お父さん。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする