ヤマブシタケは認知症に効果がある?食べ方は?どこで販売してる?

ヤマブシダケの健康効果は?

一時、アルツハイマー型認知症や癌に効果があると、テレビなどで取り上げられたヤマブシタケ(山伏茸)ですが、実際に効果があるのでしょうか?

今回は、話題のヤマブシダケの食べ方や味、通販で買える乾燥ヤマブシタケの食べ方などを紹介します。

なかなかスーパーでは、見かけないヤマブシタケですが、実はとっても面白い食感なんですよ。

スポンサーリンク

ヤマブシタケはアルツハイマー型認知症に効果がある?

ヤマブシタケに含まれている「ヘリセノン」と言う成分は、ヤマブシタケだけに含まれる成分です。

このヘリセノンを摂取することで、学習機能や記憶力が活発になると言われています。

しかし、実際に臨床試験などで結果がだされたものではないので、認知症に効果があるとは、いいきれませんね。

また、ヤマブシタケには「β-D-グルカン」という成分が含まれています。

このβ-D-グルカンという成分は、以前癌の治療で効果が期待された「アガリスク」にも含まれており、ヤマブシタケにはβ-D-グルカンの種類がアガリスク茸よりも多く含まれています。

そのため「アガリスクを超える茸」としても注目を集めています。

しかし、食べ物の効能は、必ず効果があると言う訳ではありません。効果を期待して食べてみるといいですね。

一般的に茸類は、カロリーも低く食物繊維も豊富ですので、積極的に食べたい食材ですよね。

ヤマブシタケの食べ方と味は?

ヤマブシタケは、見た目がちょっと変わっていますが、とっても美味しいんですよ。

山伏茸の味と食感

石突の部分を庖丁で切れば、後は手でさけます。

ふわふわしていて、柔らかい食感かな?と思いますが、実はコリコリしていて、しっかりした食感です。エリンギに近い食感ですね。

味はあまり癖がなくて、食べやすいきのこですよ。

味噌汁やスープ、鍋に入れると汁の味が絡んで美味しいです。

汁物の他にも、炒め物や天ぷらにしても美味しいんですよ。

スポンサーリンク

ヤマブシタケはスーパーでも販売してる?

珍しいヤマブシタケですが、今回は近所のスーパーで購入しました。

売っていたスーパーは、比較的珍しい食材が良く売っているお店ですが、毎回売っているというより、たまに見かける程度です。

やっぱり珍しい食材なんでしょうね。お値段は1パック78円とリーズナブルです。

ところが、あまり見かけないので、通販で売っていないかな?と思って探してみると、100gで1000円以上するんですね。

通販で生の物を買っても、茸は日持ちがしないので、生のヤマブシタケは通販で買うのもちょっと心配ですよね。

通販で買うなら、乾燥したヤマブシタケがおすすめです。

乾燥したヤマブシタケは、干し椎茸と同じで味が凝縮されています。食べる時に、水で戻すと椎茸と同じで、戻し汁にもしっかり出汁が出て、美味しいだし汁になりますよ。

味噌汁に入れる時は、水の中に乾燥したままのヤマブシダケを入れて火にかければ、美味しい出汁が出て、そのままお味噌汁の具として食べられます。

また、乾燥のヤマブシタケをミキサーで砕いて、粉状にしておけば、粉末だしのようにして使うことも出来るんですよ。

乾燥ヤマブシタケは、水で戻して料理に使うと、生のものとはちょっと食感が変わって、鶏のささ身のような噛み応えがあります。

乾燥したものは、健康食品のお店などに売っているので、見かけたら食べてみてくださいね。

黄金のきのこ「タモギダケ」も紹介しています。⇒ タモギダケってどんなキノコ?

こちらも、美味しいので食べてみてね。

ヤマブシタケ

あまり見かけないヤマブシタケですが、お味はもちろん健康効果も期待できます。

スーパーなどで見かけたら、ぜひ食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする