断捨離の本50代主婦におすすめはこんまり流じゃない頑張らない方法

断捨離したいけど、なかなか実践できないと思っていませんか?

以前、流行った、近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」を実践して、失敗したから自信がない・・・と私も思っていました。

なぜ、こんまり流の片付けで失敗してしまうのか?

50代の主婦に向いている片付けの本を紹介します。

スポンサーリンク

断捨離を始める50代主婦におすすめの本

主婦が50歳を超える頃って、結構人生のターニングポイントだったりしませんか?

子供が手を離れていったり、親の介護がはじまったり、自分の体調にも変化がある時期ですよね。

その反面、この先どんどん体力が落ちていくから、今のうちに断捨離をして、家の中を片付けておきたいと考えます。

私が断捨離をしていて、これなら今の私にも実践できると思った本は、ごんおばちゃまの「すっきり!幸せ簡単片づけ術」という本です。


断捨離と言うと、ちょっと身構えてしまいますが、この本は1日30分の作業を繰り返すだけです。

毎日30分間、いらない物を「抜く」という作業を18日間続けることで、家の中がすっきり片付くという内容なんです。

実際、18日間で家の中が全てすっきりしなくても、何回も繰り返すことができるような、作業量ですよね。

だから、ちょっと体力に自信がなくて飽きっぽい私でも、続けらたのです。

断捨離の本の代表こんまり流で失敗した理由を考えてみた

実は、以前こんまり流の断捨離に、挑戦したことがあります。

こんまり流の片付けは、短期間で一気に片付けるというものですよね。私のように挑戦して、失敗してしまったという方も、多いのではないでしょうか?

こんまり流の片付けは、確かに効率的な、正しい片付け方法だと思います。

ただ一つ、私のような年代の主婦には、向いていないと考えたのは、この本を近藤麻理恵さんが書いたのは、独身の時ということです。

独身の女性と、子育てが終わった主婦の持っている物って、量が全然違うんだと思ったんです。

衣類を1度に全部出して・・・と言われても、何十年分の物を1度に出すのと、独身の女性のクローゼットの中の洋服の量は、桁はずれに違うんですよね。

家中にある洋服を全部出して、分別して、また収納するという作業が、1日で終わる訳がありません。そんな体力もありません。

これでは、挫折してしまう以前に、やる気がおきません。

こんまり流の片付けは、ごんおばちゃまの片付け方法で、ある程度物が減ってきてから実践すると、効率よく片付けが出来ると思います。

スポンサーリンク

断捨離の方法を生活の一部に取り入れられる本

断捨離は、専業主婦でも大変ですよね。まして働いていれば、なおさらです。

1度に片付けをするのは大変です。でも、ごんおばちゃまの方法で1日30分と割り切れば、結構できるんじゃないかな?と思って、私も片付けを始めました。

でも、実際は30分続けられていません。それでも、1日5分10分でも、実践することで、少しづつ物が減っていると実感できますよ。

毎日、少しづつだからこそ、生活の中に取り入れやすいですよね。

著者のごんおばちゃまのブログ⇒ごんおばちゃまの暮らし方

今、実践できる断捨離の方法

何十年も生活してきた家の中を、数日で一気に片付けるのは大変です。

無理をせず、毎日の生活に、片付けの習慣をつけることが、長く続くコツだと思います。

ごんおばちゃまの「すっきり!幸せ簡単片づけ術」で、毎日少しづつ、断捨離を初めてみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする