土浦花火大会は規模は何発?打ち上げ場所と駐車場がある穴場ポイント

土浦花火大会の子供連れ穴場ポイント

土浦で開かれる花火大会は、毎年すごい賑わいです。

車で行くにも、花火大会の会場近くの道は大渋滞するし、電車で行っても駅からのシャトルバスになかなか乗れなかったりと、子供連れではなかなか大変ですよね。

今年の花火大会は、早めに会場近くまで行って、子供が遊べる場所で時間をつぶして、ゆっくり花火を見学してみてはいかがでしょう?

今回は、土浦花火大会の規模や、花火の打ち上げ場所、常磐自動車道桜土浦ICが近く花火会場の臨時駐車場に指定されていて、子供が遊べる穴場スポットを紹介します。

スポンサーリンク

土浦全国花火競技大会では何発の花火が打ち上がる?

土浦の花火大会は、80年以上の歴史をもつ、全国の花火師さんの競技会です。

それぞれの花火師さんが、自慢の腕を競い合います。普通の花火大会では見られない、花火師さんの白熱の戦いは圧巻です。

花火の打ち上げ数も約20000発と、他では見られない規模なんですよ。

花火大会は18時からですが、19時過ぎに行われる「土浦花火づくし」は、巨大な花火が連続で打ち上げられるド迫力です。

土浦の花火大会の打ち上げ場所は?

花火大会の打ち上げ場所は、JR土浦駅から2.5km離れた、桜川畔(学園大橋付近)です。

土浦駅からは徒歩で約30分ほどかかります。

土浦駅からシャトルバスも出ているので、土浦駅まで電車で行き、駅からシャトルバスを利用するのが便利です。

しかし、帰りのシャトルバスは、一斉に観客が移動するため混雑して、バスに乗るまでに非常に時間がかかるので、駅まで歩いて帰る人がほとんどです。

子供連れの場合、駅まで2.5km歩くのは困難ですよね。更に駅も混雑するため、なかなか電車に乗れません。

また、花火大会の会場では、前日の正午から場所取りが出来るので、当日の夕方では、花火が良く見える場所にシートを広げて見物というのも難しいですよね。

スポンサーリンク

土浦花火大会子供連れで見える駐車所付きの遊べる場所

車で花火大会に行く場合、会場周辺は3時頃には渋滞が始まります。

会場の近くの臨時駐車場に車を停めるなら、お昼頃には到着したいところです。

でも、6時からの花火大会まで、子供が退屈しないで遊べる場所ってなかなか難しいですよね。

お子さんと一緒に行くなら、花火大会の会場から1kmほど離れてしまいますが、臨時駐車場に指定されている「上高津貝塚ふるさと村(土浦市立考古資料館)」の駐車場がおすすめです。

上高津貝塚ふるさと村は、広い芝生の広場や樹木もあり、お子さんと散策するには、とても良い場所です。

小学生くらいのお子さんなら、資料館を見学するのもいいですよね。

花火大会が始まったら、広い芝生にシートを敷いて、ご家族でのんびり花火を見ることが出来ますよ。

上高津貝塚ふるさと村の臨時駐車場も、年々人気が出てきているので、確実に車を入れるならお昼頃には到着するのが安全ですよね。

土浦の花火大会

毎年、70万人以上の人出と言われている、土浦の花火大会。

帰りは、一斉に帰途に着くため、車も人も大渋滞になります。

駅近くのパーキングに停めて、シャトルバスを利用する人が多いですが、この上高津貝塚ふるさと村は、駅と反対側にあり、常磐自動車道桜土浦ICに近い場所にあります。

帰りの渋滞が始まる前に、常磐自動車道に入ってしまえば、ラクラクで帰ることができますよね。

土浦の花火大会、ご家族で楽しんでくださいね。
こうのす花火大会は、こちらで紹介しています。

よかったら、こちらも見てみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする